今も、100年後の未来でも使える
起業を成功させる本質を教えます。

インターネットを使って起業したい人のための相談サイト。

スタートアップアカデミアは、2012年から運営しているインターネット起業専門の相談サイトです。

インターネット起業における実践的知識と経験の共有によって、IT技術・インターネットの可能性や創造性を活用した事業を『自分の頭で考え創る起業家・個人事業主・フリーランス・会社経営者・ビジネスオーナー』の人達のための相談サイトです。

>> 『スタートアップアカデミア』について知る

ネットビジネス(オンラインビジネス)とは?

ネットビジネスとは、インターネットを使ったビジネスの総称です。
インターネットビジネスを省略してネットビジネスと呼ばれています。
誤解されがちですが、ネットビジネスとネットワークビジネスはまったく違う別ものです。

海外では、実世界での実店舗などを使ったビジネスはオフラインビジネス(Offline Business)と呼ばれ、インターネットを使ったビジネスはオンラインビジネス(Online Business)と呼ばれています。

2019年最新ネットビジネスの種類

インターネットで検索をすると、世の中にはいろいろなネットビジネスが溢れていることがわかります。

ポイントサイトから始まり、不用品を売る個人売買、Amazonやメルカリ、ヤフオク、ネットショップでの販売、自分が得意なことやスキルをサービスとして売るクラウドソーシングのココナラでは記事執筆を代行するライティングやイラスト制作・ロゴ制作が人気ですし、知識やノウハウ、経験を売る情報販売、コミュニティの場を提供するオンラインサロン、集客や販売代行をするアフィリエイトでは月100〜1000万円を稼いでいる人達もいます。

2019年最近の新しいトレンドでは、YouTubeで動画をアップして広告収入を得るユーチューバーや仮想キャラクターとして活動するバーチャルユーチューバー(VTuber)、ライブ動画配信をして投げ銭を得るアイドルやモデルの卵などのライブ配信者もいます。

これらはすべてインターネットを使ってお金を稼げるネットビジネスですが、一言にネットビジネスといっても、売るものの違いによっていろいろな種類のネットビジネスがあります。

インターネットを使って売り始めることが、すべての『ネットビジネス』の始まりです。

 『ネットビジネス』 = 『インターネットを使って商品を売ること』

と考えると、ネットビジネスはどこにいても、誰にでも、自由に仕事ができる大きな可能性をもった事業創出の機会だということがわかるはずです。

【よくある質問】『ネットビジネスは本当に稼げますか?』

あなたの今までの生き方・考え方・価値観・これからの行動次第です。

ネットビジネス成功のコツは『あなた自身が持っている価値を、誰にどういう方法で提供をし続けるか』という部分がとても大切です。

事業を構成する様々な要素が洗練されればされるほど事業価値は高まり、それに比例して売上やあなた自身の報酬も増えていきます。

起業家・事業者・ビジネスオーナーというのは、常に改善をし続けることが求められる仕事です。

楽して稼げるというような甘い話はありませんが、インターネットにおける起業方法や事業開発の原理原則を知り自ら実行をした人は、サラリーマン以上の報酬を受け取っている方も少なからず存在します。


一人で小資本でもネットを使って起業し、
あなた独自のビジネスを創るには?


1. ビジネステーマを決める

新たにゼロからビジネスや事業を創るときに絶対に考えなければいけないのが、「ビジネステーマ」です。ビジネステーマは、「どうやってお金を稼ぐか?」ではなく「自分が何を提供できるか?」で考えて下さい。

  1. サラリーマンが起業できない本当の理由
  2. お金を稼ぎたい人が成功しづらい理由
  3. ノウハウコレクターを脱出するには?
  4. アイデアがまったく浮かばない原因
  5. 起業するべきタイミングがわかる質問

2. ビジネスモデルを決める

ビジネステーマが決まったら、そのビジネスの目的を実現するために具体的にどうやって実現をするかを決めていきます。ビジネスモデルとは、「いつどこで誰に何を提供して、いくらをどのように頂くか?」ということです。

  1. 起業の成功確率を高める成功の条件式
  2. ゼロから事業を生み出す仕組みと構造
  3. 1つのアイデアから6つ価値を生み出す
  4. 女性の新しい起業方法『サロネーゼ』
  5. 必見277種類のビジネスモデルガイド



3. 集客しお客さまと出会う

どんなビジネスにおいても必要なのが「お客さん」であり、集めるための行動が「集客」です。お客さんなしに成功することは絶対にありません。ビジネステーマやビジネスモデルの見通しが決まったら集客を始めましょう。

  1. ネットで起業するために必要なこと
  2. サラリーマンでもできる起業の始め方
  3. 必要なものが自然とあなたの周りに集まってくるコツ
  4. どうやって初めのお客さんを集めたか?
  5. ココナラで月数万円稼ぐためのコツ

4. 商品サービスを提供する

集客がしっかりできるようになると、「あなたのサービスが欲しい・あなたに依頼をしたい」という方と出会えるようになります。あなたの商品・サービスを必要としている人に、あなただからできることを提供しましょう。

  1. 趣味でやっている素人が売れない理由
  2. クラウドソーシングで仕事をする心構え
  3. 日本に存在する3つのネット起業業界
  4. 売るもの・商品がない時の商品の作り方
  5. 磯野波平にスマホを売るには何をする?

インターネット起業で失敗を避け、成功させるためには?

インターネットを使えば、たった一人の個人でもさまざまなビジネスを創ったり、仕事を創ったり、仕事を受けることができます。

メルカリやAmazon、ヤフオクなどの個人売買から、BASEなどを使ったショッピングサイトの運営、フリーランス・個人事業主としてのサービス提供や、ブログ運営、アフィリエイト、ココナラやクラウドワークスに代表されるクラウドソーシングなどビジネスモデルは多岐に渡ります。

手段は様々ですが、どのような手段を使うにせよいかにインターネットを使って『必要な人に、必要とされる価値を届けるか』がすべてです。

インターネットやパソコン、スマートフォンはそれらを伝えるための手段にすぎず、あらゆる起業における本質は、他者への価値提供にあります。

誰に何を提供するかは、あなた自身の人生や経験、スキル、好奇心、好き嫌い、価値観などにより変わってきます。

一見同じように見えるビジネスモデルでも、実行する人の考え方や価値観が異なれば、それは異なるビジネスになります。

顔や人となりが見えづらいインターネットですが、インターネットを使ったネットビジネスでも、成功の本質は、小さな個人商店や飲食店を営むようなオフライン(リアル)ビジネスと何ら変わりはありません。

事業者やサイトオーナーは、インターネットでの起業においても画面の向こうにいるユーザーやお客様一人一人と向き合い、しっかりと価値提供を行うことが求められます。




サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ