IT起業で失敗したくなければ、『儲かりそうだから』で絶対に始めないで下さい。

ある人にIT起業をする理由を聞いたとき、「収入が得たいから。儲かりそうだから。」という答えが返ってきました。

多くの人が起業で失敗するのはなぜでしょうか?

起業の失敗の理由はあげればたくさん出てきますが、私は「起業に対する動機」が失敗の大きな原因だと考えています。

新しいビジネスを始めようと思ったとき、最も重要なのが、

あなたはなぜ、このビジネスをやるのか?

という質問に対する自分自身が納得できる答えです。

一言で言えば、「あなたがビジネスをやる目的」です。

ビジネスをやる目的というのは、資金調達や仲間集め、商品のコンセプト策定、商品開発、広告宣伝、顧客開拓といったビジネスを構成するすべての要素に影響を及ぼします。

あなたが起業を成功させる為には、そのビジネスを始める前に、ビジネスの目的やビジネスの存在意義についてどれだけきちんと考えたかにかかっています。

なぜなら、今後の大小様々な選択において決める際には、意識的、無意識的どちらにせよ、「必ずこの目的に沿った形で意思決定がされるから」です。

重要なことなので、もう一度言います。

あなたのビジネスは、必ずこの目的に沿った形で意思決定がされます。

いざビジネスを始めてしまうと、日々の仕事が忙しくなって目的を見失いがちです。そのような状況では正しい判断ができなくなってしまうので、ビジネスを始める前の段階で明確に決めておく必要があります。

ビジネスが持つ2つの目的

ビジネスが持つ目的には、2つの側面があります。

1つは、「あなた自身が、このビジネスをやる目的(理由)」。

もう1つは、「お客さんが、このビジネスに関わる目的(理由)」です。

お客さんにとっての目的はまた別の機会に書きたいと思いますが、ここではまずあなたにとっての目的を明確にしましょう。

ぜひ、少し考えてみて下さい。どのような事が思い浮かんだでしょうか?

よくある答えとして、

 「収入が得たいから。儲かりそうだから。」

というのがあります。もちろん、ビジネスを作るんですから、利益が出そうかどうかというのは大事なことなのですが、

では次に、

 「合法的に、あなたが望む収入が得られる儲かりそうなものなら、何でもいいんですか?」

どうですか?

Yesでしょうか? Noでしょうか?

あなたの答えがYesなのでしたら、今のあなたの状況においては「お金を手に入れること」が何よりも重要なのだと思います。もし、Noなのでしたら、「なぜ、Noなのか?」を考えてみて下さい。その答えが「あなたのビジネスのコア」になります。

ビジネスを創り出すときは、この「あなたのビジネスのコア」が一番重要です。
なぜならば、「成功しているビジネスというのはコアがあって、利益が発生しているから」からです。

多くの人は、その物事が持つ結果ばかりを見てしまいがちです。「儲かる、利益が出る」というのは、ビジネスを行った結果にすぎません。

当たり前ですが、結果を生み出す為には、結果を生み出すような原因を創らなければなりません。
ITやインターネットで起業をしようと考えているあなたがやるべきことというのは、「この原因に相当する部分を創り出すこと」です。
この原因を創るためのヒントが、「あなたのビジネスのコア」にあるのです。

「儲かりそうだから」と結果だけを考えて始めるのではなく、始める前だからこそ、これから生まれるビジネスのコアについてじっくり考えてみて下さい。たとえ今考えなくても、始めたらどうせ考えなきゃいけなくなりますから。

真剣にITで起業を考えているなら、ぜひ原因と結果を分けて考えて、自分のビジネスのコアを探すことに時間を費やして下さい。

このコアこそが種であり、良い種が作れれば、環境を整えることでいずれ芽は出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。