【その日から読む本】宝くじ高額当選がきっかけで起こる不幸の連鎖。幸せなお金持ちになるためのお金の使い方とは?




現在社会に生きる私達の人生にとって、切っても切れないのが「お金」。そんなお金を一夜で手に入れることができるものが宝くじです。

ロトやサマージャンボ、年末ジャンボなど、日本でも数多くの宝くじが販売されていますが、実際に宝くじが当たって一夜にして数千万〜数億円のお金が手に入ったとき、あなたはどうするでしょうか?

宝くじ高額当選者が陥りがちな落とし穴、お金が及ぼす影響による不幸、そして、不幸を回避し幸せになるために心がけることについて、作家・ライターのいちたさんからスタートアップアカデミアへ寄稿して頂きました。

宝くじ

『当たったら破滅する』

世の中様々な『当たり』があります。
交通事故、病気、受験の合格などなど。

しかし『当たったら不幸になる』という事を聞いて、宝くじで当たった人をすぐに思い浮かべてしまいませんか?

一発を夢見て、今日も並んでいる人たちがいます。
その人達は小さな窓口に列をなして並び、今日も夢を買い求める。

誰しもが一度は購入した事がある『宝くじ』です。
私も何度か購入した事がありますが、遊び感覚で購入するだけで、リスク(お金)とリワード(当たり)のドキドキ感を楽しむだけです。

大多数の人は私のような感覚で居ることは間違いなく、そして1億円など当たる訳がないと思っています。
しかし、宝くじに絶対は外れる、という事は起きません。

数学の世界の話ですが、0か1かの違いというのは非常に大事な要素でもあります。

ですから、スリルを求めて買う分には良いとして。
実際に当たった人の、その後の末路が悲惨である事は知らされています。

宝くじ高額当選者の末路から、どうすれば破滅しない人生を送れるのか?を考えてみました。
また、どのような使い方が一番いいのかも考察してみました。

宝くじに当選した場合のお金について

現代日本の宝くじ『ジャンボ宝くじ』系では6億円!などという巨額のお金が当選金として支払われます。
その6億円ですが、あまりにも巨額なので私たちにはピンときません。

もう少し分かりやすく、数字を分解して考えて見ましょう。

6億円……新卒サラリーマン(月収20万円)の3000か月分のお給料。
3000か月……250年分のお給料。

250年分のお給料、と言われても、私たちは250年も生きられないのでまだピンと来ません。

じゃあ、月に100万円ずつ使えると計算した場合は、600か月です。

600か月÷12か月=50年

つまり、50年間、月収100万円がずーっと入ってきます。
とんでもない金額ですが、月に100万円を使おうと思えば……使うことは出来ます。

そう考えると、『6億円』という数字は生活を一生安泰してくれる金額ではない、という事になります。
(多少の節約等をすれば十分なのですが、月に100万円を使う生活を続けたら、という意味で)

宝くじの当選金というものは、一度に手元に入ってきてしまうので『破滅』の道を辿る要因となっている事でしょう。

当選者の例からなぜ失敗したのかを考える

例として3名の方を挙げて見ました。
以下の方々は実は3つのパターンに分かれています。

1.アブラハム・シェークスピアさん
28億円の当選の後に、白骨死体として発見される

2.イブリン・アダムスさん
4億2千万円の当選の後に、ギャンブルの為に破産し、トレーラーハウスでの生活を余儀なくされている。

3.ケン・プロクスマイアさん
7800万円に当選した後で自動車関連のビジネスを開始したが、倒産へ。

彼らに共通しているのは『当選→破産』という悲しい結末です。
しかし、当選してから不幸になる『過程』がそれぞれ違うことにお気づきでしょうか。

1.人間関係
2.豪遊
3.未熟な起業

他の方も調べたのですが、おおよそ上記の3パターンに絞られています。
ではその原因を探ってみましょう。

1.人間関係

みずほ銀行から高額当選者の方に配られる冊子『【その日】から読む本』というものがあります。
これ1000万円以上の高額当選者の方だけに配られる冊子で、当選した後の注意点などが列挙されています。

第一部『今すぐやっておきたいこと、やってはいけないこと』という項目の中に、このような項目があります。

『後悔するような軽はずみな言動に注意する』

全くもってその通りで、6億円に当たりました!という事を人に言いふらせば親戚が増える事になりますよね。
白骨死体で発見された方は、お話ししてはいけない人物に宝くじの事を伝えたに違いありません。

同冊子に『当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を』という項目もありますが、しっかりと考えた上で信頼できる人物のみ、当選した事を報告する必要があります。

一般的には『家族』限定だと思います。
親戚一同に伝えてしまうと、それはそれで面倒な事になりかねません。

2.豪遊

豪遊に関しては、もうしょうがないとしか思えません。確かに6億円も当たれば豪遊したくなる気持ちは誰しもがあります。
ですが、そこで『しょうがない』と割り切ってしまえば破産の道が待っています。

だから、少しだけ豪遊する……程度にとどめておけばいいのでしょうが、人間そう簡単に欲求を抑えられるでしょうか?
これに関しての対処方法は、後述に記載します。

3.未熟な起業

自分にその資格がないのに、企業をしてしまうというのも問題外と言えます。

昨日まで一般のサラリーマンだった人が、コンサルティング会社の力などを借りてすぐにでも起業しよう!となれば、失敗する可能性が非常に高いと思います。

私は一人経営者としてインターネットビジネスを行っていて、自己管理の大変さを身に染みて理解しています。
起業する、というのは簡単でも、3年も持たずに消えていく会社が半数以上を超えます。

何かのビジネスを立ち上げて維持をする、という事が難しいのに、いきなり大金を使って大きな仕事を行ってしまうから失敗するのです。

先ほど記載した、『豪遊』に関してもこれと全く同じだと考えています。

当サイトでは『小さく生んで、大きく育てる』という事を勧めていますが、ある日突然大きな物を掴んでしまえば、豪遊もしてしまいますし、起業をしても上手く行くわけがないのです。

もし高額当選をした際の具体的な対策方法とは?

では『高額当選しても不幸になるだけじゃないか!』と考えてしまいがちですが、決してそうではありません。
6億円が手に入ったとした場合、半分は使わずに必ず残しましょう。

そのお金はなかったもの、と考えて行動するべきなんです。

そして『起業』するにしろ『豪遊』をするにしろ、まず徹底的に自分の生活スタイルを照らし合わせる必要があります。

賃貸で家を購入している人は、家の購入を考えてもいいとは思います。
その際に「ここに家を建てるのであれば、これくらいの費用が必要で…」としっかりと計算をします。

他にも考えるべき事柄が沢山あります。
全てを洗い出して徹底的に必要な経費を算出する事で、現実がきっと見えてくるはずです。

宝くじに当選した興奮状態では、当記事冒頭に書いた『月100万円の生活だとしたら50年で終わってしまう』ということに気づけません。
しかし、冷静に考えたら『月に100万円しか使えない』という事実に気づくんですね。

そして、ある日突然大金を手に入れる、というパターンがもう一つあります。

それは『遺産』です。
宝くじに匹敵するような金額が、ある日亡くなった父親の遺産相続で受け取る事になってしまった。
なんて話が日常に転がっています。

私たちは日々の生活で『骨肉の争い』という言葉を聞くことがありますが、それは『遺産問題』が主な理由だったりします。

高額当選者に近い事を受けた人は、遺産問題でも同じです。
その方たちが『どうしているのか?』を考えるべきだと思います。

すぐに仕事を辞めて遺産だけで暮らそう、などという人はあまり見受けられません。
仕事をやめてしまえば、通常の金銭感覚を忘れてしまうという理由もあります。

ですから、まず宝くじに当選したとしても『すぐに仕事を辞めない』というのは絶対条件となります。

続いて、お金の管理が難しいと考えるのであれば、専門家に任せるのも手です。
専門家であればあなたの財産をきちんとした形で管理・保管を行って貰えます。
(ただし、当選者を狙った詐欺などもありますので大手銀行などで行いましょう)

あなたは当選したらどうしますか?

ここでテストをしてみましょう。

実は、私たちは自分の中に『お金の基準』というものを持っています。

今、6億ではなくて、目の前に1000万円があったとしましょう。
「何をしたいですか?」と私が問いかけた場合、あなたはなんて答えるのでしょうか?

頭に浮かびましたか?

以下のどれかに当てはまったでしょうか?

1.すぐに会社を辞めて起業する
2.喜んで貯金する
3.ちょっと欲しい物を買う
4.誰に伝えるか考えてしまう
5.そわそわし続ける
6.特別な感情も抱かずに貯金をする

きっと、一瞬でもあなたの思考によぎった考えが、あなたが本当にしたい『本心』だと思います。

ちなみに私は、⑥です。
やったね、くらいで留めます。

2と6は似て非なる物なのです。
どちらも『貯金』ですが、『生活が楽になる!!』と喜んで貯金をするというのと『あ、当たったんだ』という程度で貯金をするでは感覚が違います。

1000万を頂いたことは嬉しいですが、それで自分の人生が有意義になるとは到底思えないからです。
投資家として、この金額を次なる有力なビジネスに繋げよう、と一瞬考えてしまいましたが、そもそも宝くじで当たった金額はボーナスのようなものです。

私の実力で稼いだお金ではありません。天からの賜り物に過ぎないんです。

宝くじが当選した方に増えたのは、お金というただの社会で使える便利な『物』であって、スキルや経験が上乗せされた訳ではないのです。

その事を認識していないが為に、自分の身に余る尺度で物事を考えてしまいます。
だから、高額当選者の末路は不幸、なんて書かれる事になるんです。

お金という物の本質を理解しなければ不幸になる

ニュースというものは、成功した人間よりも不幸になった人間をより大きく取り上げる傾向にあります。
他人の悪口に興味がある、という理論ですね。

『高額宝くじ』に当選したら全員不幸になるのか?って、そんな訳はありません。
むしろつつましく、人よりほんの少しリッチな生活を送るように使っている方が大多数のはずです。

そうでなければ『宝くじ』というのは、不幸を売りにする商売となりかねません。
立派に有効活用している人も多いわけですから、不幸になった大変の人が『人間として未熟だったがため』という説も、私は有力だと考えています。

ここで一つ例えを出してみましょう。

宝くじの高額当選の代わりに、フェラーリが当たるくじがあるとします。
このフェラーリ、車の運転免許がない人が当選したとします。

その人はどうするでしょうか?
売ってお金にする、という選択肢はナシとします。

そうですね。
免許センターに通って、せっかくのフェラーリを運転出来るように努力をするはずです。

「車はしっかり学んで動かす様にするのに、お金は学ばずに豪遊して使ってしまう」

おかしな話ではないでしょうか?

ですが、この理由は簡単なんです。

お金というものは『扱う人間次第』で善にも悪にも化けるからです。
正しい利用方法をすれば、あなたの幸福度を高めてくれる物に化けますが、正しい利用方法を知らない人間が大金を掴んだ時に、人は不幸に叩き落されます。

例として挙げた人物は皆、大金を使うに『値しなかった』人間だという証明でもあります。

ですから、私たちは普段から『お金の正しい使い方』を沢山学ぶ必要がある、と言い換えられるわけですね。
正しい使い方を知っている人間が、宝くじに当選した場合に、より多くの社会還元などが行われる事になります。

この正しい使い方、という定義を語り出せばキリがないのですが、上記の不幸になった人たちを『反面教師』とすればまず一安心なのは間違いありません。

まとめ

最後のまとめです。

1.家族以外に当選した事を話さない。その家族でも口が軽い物には絶対に伝えない。
2.豪遊の一歩手前くらいにしましょう。必要な計算を全て終えたら年に1回の国内旅行を海外旅行にしましょう。
3.どうしても仕事を辞めたければ、まず自分が今している仕事でしっかり結果を出しましょう。準備を終えてから起業へと向かうべきです。

以上の3つの事柄を、しっかり精査するべきです。

そして知って欲しいのです。
成功者の方ほど、お金を使うという行為以上の楽しい事を、日夜追い求めていることを。

『仕事の本質』×『お金の本質』という、二つの大人の巨大テーマが、宝くじ当選者の背景に隠れているのです。

宝くじは夢を買うものであって、お金こそが副産物です。
当たった当たらない、で楽しむものであって、6億円当たったからといって気を許しては絶対に行けない、という事ですね。

著者プロフィール 〜いちたさん〜

作家・ライターとしての観点から多角的に物事を記すことをモットーに、IT系や社会についてのコラムを主に掲載している創作者を応援する雑記ブログ『いちたのまつり日誌』を運営しています。都市伝説系やお役立ち情報、ご紹介等の記事も作成していきます。

小説投稿サイト『エブリスタ』で作家活動開始。代表作『モバイバル・コード』は三度の最終選考に残る。他、細かい受賞も経験あり。書籍化一歩手前止まりの残念作家。得意なジャンルはミステリーやSF作品。特にIT関連の描写に定評あり。

同時並行でIT知識を活かして、ライター活動やSNSワークを開始。企業から相談の依頼等を受け、日夜研鑽を積んでいる。座右の銘は『奇貨置くべし』。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ