IT起業するときに絶対に決めなければいけない2つのこと





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



ITで起業をするなら、絶対に決めなければいけないことが2つあります。

それは、あなたのビジネスが「誰に提供するためのものか?」と「何を提供するためのものか?」の2つです。

IT起業をするための魔法の質問。それが『誰に、何を?』

IT起業や新規事業でビジネスを創るときは、必ず「誰に提供するためのものか?」と「何を提供するためのものか?」の2つを決めなければなりません。

なぜなら、他の様々なことは別に無くてもビジネスは成り立つんです。でも、「誰に、何を?」は完全に別格。この2つがないとビジネスは絶対に成り立ちません。

私は2つの質問を覚えやすくするために、『誰に、何を?』という1つの質問の形にして使っています。

①「誰に提供するのか?」

つまり、「お客さん(顧客)」です。

IT起業においても、普通の起業と同じように「自分のビジネスのお客さんは誰か?」ということを決めなければいけません。

②「何を提供するのか?」

つまり、「あなたが売りたいもの(商品)」です。

自分のビジネスで売りたいものは何か?」ということを決めなければいけません。①の顧客と比べると、②の商品の方は決まっている場合が多く見受けられます。

『誰に、何を?』が、ビジネスの性質を決める最も重要な基本設計である

ビジネスを構成する要素にはたくさんのものがありますが、ここでご紹介した「誰に、何を?」が最も基本的かつ重要なビジネスの設計です。

ITやインターネットをどう使うか?というのは、この「誰に、何を?」という目的を実現するために、使われるものであり、「誰に、何を?」が決まってないうちに、アフィリエイトをやろうとか、オークションをやろうとか、Webサービスを作ろうとか、スマホアプリを作ろうとか決めてしまうと、それは手段ありきの発想になり、ビジネスの本質的な設計がなされていないので、IT起業の失敗に繋がります。

「IT起業をしたい、自分のビジネスを持ちたい」と思っているならば、常に「誰に、何を?」「誰に、何を?」を自分に問いかけ続けて下さい。これを続けていると、ある時、ふと答えが見つかります。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ