「たった1ドルでやめて欲しいことをやめさせた」ある老人の知恵




素晴らしいプロダクトやサービスが生まれるにはチーム次第とも言われており、会社でも家庭でも切っても切れないのが人間関係です。喜びや楽しみがある反面、日々行動を共にしているとやって欲しくないことというのもありますよね。当然注意をして改善を促すわけですが、単に「やめて下さい」と言ってもなかなか事態が変わらないこともあるでしょう。今日のテーマは、そんなときに思い出して欲しいある国に伝わる老人の昔話です。

老人

イジメられまくった老人とイジメまくった子供達

むかしむかしあるところに、1人の老人がいました。

この老人の家の近くには数多くの子供達が住んでいましたが、素行が悪い者が多く子供達から日々いたずらをされて悩んでいました。

老人は何度もやめるように言い聞かせましたが、子供達は聞く耳を持たず、老人の反応を面白がり、やめる気配はまったくありません。

「どうすれば、子供達のいたずらがなくなるのか…」

と考えていたある日、老人はあるアイデアを閃きました。

あくる日、子供達がまた老人にいたずらをするためにやってきました。

ひとしきり子供達のいたずらが終わったあと、老人は子供達に次のように言いました。

「火曜日にもう一度ここに来ていたずらすれば、1ドルを君たちにあげよう」

子供達は火曜日に老人のもとにあらわれて、一生懸命にいたずらしました。

約束通り老人は子供達に1ドルを手渡した後、次のように言いました。

「水曜日だったら25セントしかあげれないよ」

子供達は不満そうでしたが水曜日にやってきて、また老人にいたずらをしました。

そして老人は子供達に25セントを手渡し、次のように言いました。

「木曜日は1ぺニーしかあげられないよ」

子供達は「気にしないで」とつぶやき、去って行きました。

木曜日になり、老人は子供達が来るのを待っていましたが、いくら待てども子供達は姿をあらわしませんでした。

当初1ドルをもらっていた子供達は、1ペニーではやる意味を感じられなくなり、わざわざ老人のもとに行く気はすっかりなくなっていました。

こうして、子供達が老人に対していたずらをすることがなくなったそうです。

あんなに楽しかったことも、お金が関わると楽しくなくなることもある

いかがですか。この昔話が伝えようとしていることが何かわかりますか?

お金には4つの機能があります。そのうちの1つが価値評価に対する機能です。お金という物差しを与えることで、あるものごとの価値を測ることができるようになるわけです。

初めは面白半分、興味半分で老人をいじめるという行動をしていた子供達ですが、老人はその行動に対して1ドルという価格を提示しました。こうすることで、子供達にとっては自分たちの行動には1ドルの価値があるという認識が生まれはじめます。

イタズラはどうかと思いますが、良いにせよ悪いにせよ、お金を払ってくれる人がいるというのは、価値の存在を示しているからです。

そして、子供達は初めは単純に面白いからという目的でやっていたことが、お金が与えられたことで、お金を得るために行動をするようになっていくのです。

老人は、お金を払うことで

『子供達の行動の動機付けを、興味や好奇心といった自発的な動機付けから、お金という外発的な動機付けに変えた』

というのがこの昔話の言わんとしていることなのではないかと思います。

お金は現代においてとても強力な道具です。やりたいことをやらせないようにすることもできれば、やりたくないことをやらせるようにすることもできてしまいます。

何にせよお金は賢く使い、人が嫌がることをするのはやめて老人の知恵は大事にしたいものですね。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • 自分が知らない未知の分野で知識を得るときの欲張りな情報収集方法 「新しいビジネスをスタートしたい」。だけど、まだその分野について知らないことがたくさんあるとき、あなたならどうしますか?今回は未知の知識を欲張りに習得する方法についてのちょっとしたアイデアです。 ヒトの行動における情報の入手方法 私たちは日々多くの情 […]
  • ヘティ・グリーン【お金持ちはケチのイメージを作り上げた】世界大恐慌を生き延びた世界一の大富豪に学ぶこと 20世紀初頭世界大恐慌が起こった時代、ニューヨーク・ウォール街に「ウォール街の魔女」と呼ばれ恐れられた一人の女性がいました。金融業界ではその名を知らぬ者はいないほどの伝説的な人物、それが「ヘティ・グリーン」です。彼女を一言で表すならば、「倹約の鬼」。今日は、 […]
  • 山の遭難と起業の共通点 山で遭難したときに助かるかどうかは、クライマーの状況判断や登山技術、経験も重要ですが最終的には『こっちの道(判断)で正しいんだと思えるか、信じられるかどうか』で決まるそうです。 何でも始めの景色は美しい。「欠乏」からが本番スタート。 これ、起業でも […]
  • たった一人で起業や独立をして成功するということ 『一人で仕事をする。』というのは、組織の柵に縛られたサラリーマンにとっては魅力的に見えるかもしれない。私もサラリーマン時代、ずっとそう思っていた。 独立や起業は始めこそ大変だが、一定点を超え軌道に乗れば、経済的にも時間的もかなり自由になる。実際、サラリーマ […]
  • 知識やスキルが売れるココナラなぜ? ベンチャーで働いていた29歳男性がココナラでプチ起業を始めたワケとは とあるベンチャー企業で働いていた29歳の男性。あることが理由で会社を去ることになりました。どうしても起業をしたいという気持ちが頭から離れず勉強していたある日、知識や得意なことが売れるココナラと出会い、プチ起業を実現します。 「一人になって、自分のサービスが […]

コメントを残す

このページの先頭へ