なぜウェブサービスのエラー画面には○○が表示されるのか?





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



私たちが日々使っているWebサービス。正常に動いているときは特別気になりませんが、忙しいときやすぐに使いたいときに出くわすのがエラー画面。今日は、そんなエラー画面についてご紹介します。

クックパッドのエラー画面

クックパッドエラー画面

とてもシンプルですね。丁寧な文言とサポートに連絡するリンクが一緒に表示されているのが親切です。

ココナラのエラー画面

ココナラエラー画面

知識やスキルを売買できるオンラインマーケット「ココナラ」で「404 File Not Found.」が発生した時のエラー画面。ポップなイラストが印象的。

初期のTwitterのエラー画面

Twitter初期エラー画面

初期の頃のTwitterで500エラーが発生したときは、テレビの裏で子猫が配線を直している写真が表示されていました。サービス運営の裏側でエンジニアはこんな仕事しているんだよ、というのをイメージできるような写真です。その後、一度は見たことがある鯨の画像に変わりました。

エラー画面は開発者のおもてなし。

このように、エラー発生画面には、ペットなどほんわかする画像が使われることが多くあります。開発者として、エラーが発生したときのユーザーのがっかり感を少しでも和ませようとする心遣いなんでしょうね。

新しいサービスの立ち上げ直後は頻繁に目にするであろうエラー画面ですが、サービスが安定稼働するようになると、逆になかなか見る機会も減ってきますので、そのサービスが成長した暁には良い思い出になりますよ。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ