多くの起業家・スタートアップが感動した500Startupsジョージ・ケラマン氏が新経済サミット2013で語ったこと





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



今日は、新経済サミット2013において、500Startups日本担当パートナーであるジョージ・ケラマン氏が、日本の起業家に対し語ったことをご紹介します。

新経済サミット2013_ジョージ・ケラマン

新経済サミット2013でジョージ・ケラマン氏が語ったこと

新経済サミット2013にて『破壊的なイノベーションにおいて、起業家とベンチャーキャピタルの果たす役割とは何か?』と題し、ジョージ・ケラマン氏が語ったスピーチの一部です。5分程の動画なので、ご覧になってみて下さい。

スピーチの冒頭は、次の言葉から始まります。

「日本の成功には、私たちにも意味があるんです。」

「私たちはみなさんに、こうしなさいとか、こう変わらなければならない、と何度も言っていますが、なぜ言っているのかというと、私たちは心配しているからです。」

「私の妻は日本人で、妻の家族はみんな日本に住んでいます。日本が失敗したら、私の家族も同じように失敗するんです。
だから、本当に一緒に頑張りましょう!」

そして、次のように続きます。

「とにかく、起業家を祝う、ヒーローを認知することが重要だと思うので、起業家やスタートアップで仕事をしている人達、立って頂けますか?」

起業家とスタートアップで仕事をしている人に起立を促し、会場は大きな拍手に包まれます。

今ここに立っている人達が、日本の未来です。この人達は、日本の未来を見ていて、将来の仕事を作る人達です。あなた達の子供や孫の仕事を作る人達です。そして、日本経済を活性化させる人達です。

だから私たちは、ここに立っている起業家やスタートアップを祝わなければいけない。彼らは大きなリスクを背負っている。そのリスクをとるというのは、今座っているみなさんにも大きなメリットがあるからです。

現在の起業家、スタートアップは『未来の仕事を作る人達』です。

今ここに立っている人達は、『出る釘』です。座っている人達の方が多い。アントレプレナーの定義とは他の人々とは違う何かをやる人達、つまり『出る釘』ということです。

しかし日本では、『出る釘は打たれる』という諺がありますね。
他の人と違っていけない、出てはいけない』と言います。

だから、みなさん立って下さい。

一緒に立ったら、”釘が打たれることはありません“。

『出る杭は打たれる』という諺で端的に日本の文化的慣習を表現しています。私は学生の頃、『出すぎた杭は打たれない』とも習いました。

そして、スピーチの最期は次のように締めくくられます。

毎日、起業家の人たちをサポートしてあげて下さい。
国で働いている方は、法規制をスタートアップに優しいものにして下さい。
大企業で働いている方は、スタートアップのプロダクトやサービスを買って下さい。
投資家のみなさんは、スタートアップに投資して下さい。

そして、あなたがもし素晴らしいアイデアを持っていたら、そのアイデアで世界を変えられるかもしれない。だから、スタートアップを作って下さい。

恐れてはいけません。
なぜなら、ここにいるみなさんがあなたをサポートしてくれるからです。

みんなが一緒に努力をすれば、必ず成功します。

500Startups(ファイブハンドレットスタートアップス)について

500Startups(ファイブハンドレットスタートアップス)は、米国シリコンバレー発のインキュベータ(シードアクセラレータ)。

ジョージ・ケラマン(George Kellerman)氏

99年に米Yahoo!入社。Yahoo!日本法人バイスプレジデント、ライブドアホールディングス社外取締役、デル日本法人販売担当執行役員などを歴任。2012年3月より500Startupsで日本を担当。日本在住は12年に及ぶ。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

One Response to “多くの起業家・スタートアップが感動した500Startupsジョージ・ケラマン氏が新経済サミット2013で語ったこと”

  1. […] いうやり取りを3回、つまり夜中3時くらいやりました。他にも500 Startups日本担当のジョージ・ケラマンにもダメ出しをされました(笑)僕の記憶だと・・・記憶があまり定かではないの […]

コメントを残す

このページの先頭へ