1時間で人間の脳をハックするシリコンバレーの交渉術




最新のニューロエコノミクス(神経経済学)分野の 研究成果によると、すばらしい販売方法というのは、 技術でなく科学だということが明らかになっています。

 ビバリーヒルズ在住の投資銀行重役であり、シリコンバレーで資金調達のスペシャリストと呼ばれるオーレン・クラフによると、実は売り込みが上手くいくかどうかの鍵は、人間の脳の構造に秘密があると断言しています。 

人間の脳は3つの領域に分けられます。

1つは知覚や思考などを司る大脳新皮質

その下にあるのが感情や記憶を司る大脳周辺系

そして最後の1つが、 売り込みや説得の成功の”鍵を握る” 脳幹と言われる「本能」を司る部分です。

オーレン・クラフはこの脳の仕組みを応用して 脳が受け入れやすい交渉メソッドを開発し、シリコンバレーの大きな資金調達交渉を いくつも成功させてきました。

しかし、なぜ売り込みや説得において成功の鍵を握るのが思考を司る大脳新皮質ではなく脳幹なのでしょうか?

そして、オーレン・クラフが言う人間の脳が受け入れやすい交渉方法とは一体どんなものなのでしょうか?

人間の脳をハックすることに興味があれば、こちらを御覧下さい。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ