あなたが思いついたビジネスアイデアやプロダクトアイデアを高く売るための方法





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



「これはいい!」と確信できるようなアイデアが、頭の中にふと浮かぶことがあります。それは新しい商品であったり、サービスであったり、ビジネスアイデアだったり、人によって様々ですが、どんなに素晴らしいアイデアであっても、あなたの頭の中に置いておくだけでは何も始まりません。

頭に浮かんだ状態から、『アイデアを形にし、売る』ためには一体どうしたら良いのでしょうか?

今回は、そんなときに使えるあなたのアイデアを売る方法をご紹介していきます。

アイデア

1. アイデアを『他人に見せられる具体的な計画に変換する』こと

アイデアというのはいわばダイヤモンドの原石です。

「このアイデアは売れそうだ!」と自信があったとしても、冷静に分析してみると、足りない部分が見つかることはよくあります。そこで、まずは今売りたいと考えているアイデアについて、実現可能かをチェックしてみましょう。

もし、中途半端な状態で売り出したなら、それはあなたの信用を下げてしまうことになります。成功したいのならば、ある程度の計画は必要です。見切り発車でスタートした場合、失敗を犯した時にどうしたら良いのか行き詰ってしまうことがありますが、計画を立ててからスタートした場合では失敗からの修正が容易になります。

一見遠回りに見えますが計画はアイデア実現への近道ですから、ビジネスアイデアの場合、

  • そのアイデアで、何が実現できるのか?
  • 必要なものは何か?
  • 実現するまでにどのくらいの時間がかかるのか?
  • 誰が顧客か?
  • 集客、広報、宣伝はどうするのか?

など、あなたの頭の中にあること思いつく限りのすべてを一度書き出し、プランを入念に練り上げます。このようにまだ枠組みができていない段階では、ブレインダンプやマインドマップを使うと、作業効率が上がります。

そして、アイデアについて何を聞かれても返せるようになれたなら、顧客も安心してこの人からなら買ってもいいかなと思うことでしょう。ウェブサイトがあるならば、他のどこよりも商品やサービスについて詳しく書いてください。

また、信頼のおける誰かにレビューしてもらうとより効果的です。自分では気づかなかった部分のわかりずらさを指摘してもらえるからです。アイデアを買うのは自分以外の人間ですから、自分がどれだけ良いと感じていても、他人にその価値が伝わらなくてはまったく意味がありません

アイデアは『他人が見えるカタチで具体的なモノにすること』でお金に変わっていきます

2.『なぜ、あなたから買わなければいけないのか?』を明確にすること

なぜか?

アイデアがあなたの頭の中だけでなく、他の人に見せられる形になってきたら、次は他の同業者と自分との違いを探していきましょう。

世の中には似たようなことを考えている人がいるものです。

同じ商品やサービスが同じ価格帯であった場合、

『顧客は、販売している人間を見て購入するか否かを選択する』

ことになります。そこで、このアイデアは自分でしかできないという部分を前面に出していくことで、あなたから買う理由が生まれます。

これはアイデアだけに限ったことではありません。

アイデアをプレゼンする前に、人はまずあなたがどんな人なのかを確認したくなるものです。そのため、名刺や社名、ロゴやパンフレット、ウェブサイトなどに自分らしさを出し、興味を持ってもらえるような工夫が必要となります。

ありきたりな会社名と商品説明であるよりも、目を惹くデザインの中に、どうしてこのアイデアが生まれたのかというストーリーを添えるなど、常にどうしたら相手に“気になる”と思ってもらえるのかを考えると良いでしょう。




3.あなたが、『買ってくれれば誰でもいい』と思っていたとしたら、あなたも相手からそう扱われることになる

アイデアを売り出していくにあたって、不特定多数に宣伝をしている人がいます。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるの精神なのでしょうが、これははっきりいって時間の無駄です。さらに、それを目にした人は不特定多数へとアプローチしていることに気付きますから、結果としてあなたの価値を下げることにもつながりかねません。

まずは、『あなたのアイデアを必要としている人はどこにいるのか』、その人に届く宣伝の方法はどれが最適なのかを考えていきましょう。

例えば企業相手に新しく開発した商品を売りたいような場合では、一目でアイデアの魅力が伝わるパンフレットや会話術、担当者を知る人とのつながりがあれば成約に結び付きやすくなるでしょう。

逆にインターネットを通じて商品やサービスを提供するような場合では、メールでのアプローチが良いのか、それともFacebookやTwitterなどのソーシャルメディアを最大限に利用することが良いのか、自分のウェブサイトを魅力的にする必要があるのかなど、伝える方法は相手によって様々です。

伝え方も相手によって大きく変わりますから、何パターンか用意しておくと使い分けることができ効率的です。

『人は、自分にとってプラスになると思ったものを購入します』

これが購買行動の原則です。そのため、

『このアイデアのこの部分が、こういう人にとってプラスになる部分です』

ということを重点的に伝えていくことで、“気になる”から“欲しい”へと変えていくことができます。詳しくは、人が行動する欲求状態を判断できるOATH(オース)の意識レベルも読んでみて下さい。

そしてこの考え方はアイデアを売ることに限らず、ビジネスを創る上でもっとも重要な部分です。この本質に気づくと、アイデアを売るのではなく、さらに大きなビジネスを創り上げていくこともできるようになり、自分独自のコミュニティや世界観を創って完全にオリジナルなビジネスを創ることもできるようになります。

みんなと同じインターネットを活用したビジネスでは、何も変わらないことに気づいたあなたへでは、『世界にただ一つしかないあなた独自の世界』をベースにビジネスを創りあげる方法を解説しています。

Apple創業者であるスティーブ・ジョブズも『インターネットは顧客に直接、販売が可能な究極のルートだよ』と述べたように、あなた独自の価値を『誰とも比べられず、誰にも真似されない』ビジネスに変えていくことが長期的に成功していくためには最も大切なことなのだと気付かれることでしょう。

4.相手が必要としているものを、必要なタイミングで提供すること

Giving boy

見込客へとアプローチをしていく中で、思うように成果がでないことがあるかと思います。その時は一度立ち止まり、相手のことをちゃんと見ているかを確認してみてください。

理想的な見込客に出会えたとしても、性別、職業、年齢、性格や状況によって、必要としているものは千差万別です。杓子定規的、マニュアル的に考えていては、相手に共感してもらうことは難しくなります。

相手の趣味や性格がわかっている場合、まずはその部分から共通点をみつけましょう。その人のために伝えたいと考えた言葉や文章は、文面ににじみ出てきます。そして、それを読んだ相手も「ここまで思ってくれているのだ」と嬉しくなるものです。

こうして一つ一つの出会いを大切にしていくことで、顧客とはならなかった場合でも、困ったときの助けとなったり、誰かを紹介してくれるきっかけとなったりするケースはよくあります。

自分の価値を高めるためにも、相手にあった提案を心がけていきましょう。

また、相手に頷いてほしいけれどその方法が分からない場合には、まず相手についてたくさん知ってください。どんな人物であるかを知り、自分がその人になったつもりで、考えてみましょう。ビジネスにおいては自分の個性も大切ですが、それよりも重要なのは、

『相手へ思いがきちんと伝わること』

です。

うまくいかない時は、自分はこう思うという考えをちょっと横に置き、「こうしたら相手が喜ぶだろう」といった気持ちで接していくことが大切です。

『自分が得ることを優先するのではなく、自分が相手に何を与えられるか』

にフォーカスしましょう。このちょっとした違いが、大きな差を生み出します。




5.世の中や相手の『状況』に応じて、アイデア自体を変えること

Steven Paul Jobs アイデアは変容し成長する

アイデアが浮かんだ時、そのアイデアはその時点で最高のものであったでしょう。

しかし、時代の変化や次々と新しい商品やサービスが売り出される外部環境の変化によって、斬新さを失ってしまったり、競合が増えてしまったりということはよくあります。

世界中で売れたベストセラーの本であっても、ある一定の地点で売上は必ず停滞します。そこで、続編を書いたり、映画化をしたりと他の方法を考えていくこととなります。これと同じように今のアイデアについても、今の状態に合わせて見直していきましょう。

場合によっては、内容そのものを変えることも必要です。できあがったものを変えていくことは勇気のいることですが、これが行えるようになることで、アイデアを違う形へと変え、関わる人を広げていくことができます。

浮かんだアイデアを大切にし、状況に合わせて上手に変化させていきましょう。宣伝の方法や、商品やサービスのネーミング、商品説明を変えるだけで驚くくらい売上伸びたという成功例もたくさんあります。

ぜひ、アイデアを売る過程で思いついたアイデアを、試してみてください。

その経験が、大きな財産となっていきます。

あなたのアイデアや商品、サービスの良さ、自分の良さを知り、自分自身が一番のファンでいることを心がけましょう。本当にそのアイデアの価値を信じている人間が時間と労力を費やし行動することで、はじめのアイデア以上の価値が生まれるのです。そして、あなたがアイデアから育てあげたものを見た人の中から、『それ、欲しい!』と手を挙げる人が現れてくるのです。

アイデアをそのまま売る、買い取ってもらうには?

『アイデアを思いついたけどどうしても実行はできない。アイデアだけ買い取ってくれる人を探している』というときは、まずどのようなアイデアなのか、他者に見えるようにしましょう。そのためには、ココナラを使って出品したり、BASEでネットショップを作って売り出すのはとても簡単です。そのアイデアが本当によければ、これらの方法でも実際に購入されます。どんな方法にせよ、何かアナタが行動しなければ絶対に売れるようにはなりません。

【おすすめ!】『本当にありがとう!』とお客さんから感謝されるビジネスを創る方法

みんなと同じインターネットを活用したビジネスでは、何も変わらないことに気づいたあなたへでは、『ありがとう!』と感謝されながら世界にただ一つしかないあなた独自のビジネスを創りあげる方法が解説されています。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

4 Responses to “あなたが思いついたビジネスアイデアやプロダクトアイデアを高く売るための方法”

  1. そうじ より:

    はじめまして
    住宅、家庭発電、etc
    アイデアを沢山持っており、全てが机上の空論になってしまいかねない状態です。

    信用出来る人が誰もいないので話すら出来ません。このようなサイトは大変参考になります。

    • IT起業アカデミア より:

      そうじさま

      はじめまして。佐藤道在です。

      コメント、どうもありがとうございます。本記事が参考になったようで何よりです。
      私が行っているコンサルティングでも、さまざまな方からアイデアの実現に関してご相談を受けます。信用というのは現代社会においてとても難しい問題ですが、何らかの形で「外に出す」という行動をしなければアイデアが実現されることは決してありません。

      なぜなら、外に出すことで初めて、自分の頭の中だけにあったものが、別の存在として生成されるからです。その別の存在を他者が認識することで反応が生まれます。この反応こそがアイデアの本質とも言えるものであり、アイデアそのものは実のところあまり重要ではありません。外部との反応があることが重要だからです。これによりアイデアは形作られ具現化するという成長をしていきます。

      どのような理由で信用ができる人がいらっしゃらないのかはわかりませんが、何らかの形で外に出すということを試してみると次の段階にすすめるかと思います。

      当サイトが今後も何かのお役に立てば幸いです。コメント、ありがとうございました!

  2. そうじ より:

    お返事ありがとうございます

    例えば新エネルギー
    電気は家庭で作る
    そんな事になれば原発での放射能の心配も少しは減ると思います。

    海水で電気を作るなんてのは結構知られてる事で、電気を作る方法も沢山あります。

    家庭に電気を作る機械を置いて、燃料は海水
    自動車だって海水で走ってしまう。

    ガソリンスタンドは無くなり、家の蛇口から海水が出てくる時代もやってくるかも知れません。

    電気を買ったりガソリンスタンドで車にガソリンを入れる必要もなくなくなる未来もあるのかな?

    そんな未来は必ず来ると思います
    僕のような科学や物理好きなオッサンはいつもその様な事を考えています。

    普通の人に話しても変人扱いされてしまいます
    誰にも話さず机上の空論で終わり、原発再稼働で市民ともめるニュースなどを見て原発にぶら下がってるお偉いさん達も原発で潤っている地域人達も少し考えれば良いのにと笑っています。

    僕自身は身体に沢山の障害があり、結婚もしてないし家族もいません。
    長くてもあと30年程度の人生。

    考える事が楽しいので世に出す事に関しては急いでもないし、他の人のアイデアが採用されて違う未来が来ても構わない。

    出る杭は打たれるで殺されちゃっても嫌だし!

    難しいですね(笑)

コメントを残す

このページの先頭へ