0からはてブ(はてなブックマーク)の数を劇的に増やしアクセスアップをする方法





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



新しくブログやWebサイトを作ったら、次に必要になるのはトラフィックです。トラフィックを増やすためのアクセスアップを考えたとき、はてなブックマークを避けては通れません。

しかし、新しい記事を書いても「スグには、はてなブックマークされない…」のが現実です。

始めたばかりのサイトは知名度も認知もないですし、知られていたとしてもそもそもブックマークするような価値が有るのかどうかも疑わしいですよね。

今回は、そんな時に使える『全くの0からサイトを作った時に、初めて”はてなブックマーク”をしてもらう体験』を生み出す方法についてお話します。

すべてのスタートは、『人』から始まる。

IT起業アカデミアでは何度も話していますが、ビジネス構築の基本は、

商品(プロダクト)を作る前に、顧客(ユーザー)を作ること

これが絶対に守るべき鉄則です。この順序を間違えて、失敗していった先人達は数知れません。あなたが同じ轍を踏まないためにも、まずはユーザーを作りましょう。

今回の場合だと、ユーザーとは『はてなブックマークをしてくれる人』です。

『全くの0から、はてなブックマークの数を劇的に増やす』手順

0.必要なものを準備する。

これからその方法をお話しますが、その前に準備しておくことがいくつかあります。下記のものは必要なものなので、予め準備しておきましょう。

  • これから書こうとしている記事のテーマジャンル(グルメ、旅行、など一般的なカテゴリ)
  • Twitterアカウント(既にいくつかツイートされていること)

準備できましたか? できたら、次に進みます。

1.『はてなブックマークをしてくれる人』を探そう。

では、『はてなブックマークをしてくれる人』を探しましょう。『はてなブックマークをしてくれる人』はどこにいるでしょうか?

もちろん、はてなブックマークです。

はてなブックマークに行って、あなたがこれから書こうとしているテーマジャンルと同じ記事を探しましょう。右上にある検索欄に、予め用意したカテゴリ(グルメ、旅行等)のキーワードを入れれば、今までブックマークされた記事がたくさん出てきます。

いくつか見てみて、これから書こうとしているテーマジャンルと同じような記事を見つけたら、その記事のタイトルの右側にある43 Users等と赤字で書かれたリンクをクリックして下さい。

43 Users等と書かれたリンクが、その記事がブックマークされた数を表しています。そのリンクをクリックして、記事詳細のページが表示されたら、”すべてのブックマーク”タブをクリックします。

すると、その記事をブックマークしたユーザーの一覧が表示されます。

そのユーザーID一覧をメモして、Twitterのプロフィールページを見てみます。
http://twitter.com/ユーザーID
です。表示されない人もいると思いますが、いくつかやってみると、アカウントが存在する人を見つけられるはずです。最近のつぶやきなども見てみて、Twitterをアクティブに使っているかどうか確認しましょう。

Twitterをアクティブに使っているようなら、その人こそあなたが探し求めている人です。

Twitterもはてブも頻繁に使っていて、あなたのテーマジャンルに興味のあるユーザー

この人が、あなたと、はてブをつないでくれる救世主です。

2.『はてなブックマークをしてくれる人』をフォローしよう。

敬意を表して、ぜひフォローさせてもらいましょう。あとは、彼(彼女)が、あなたがツイートしている内容を見て、あなたに興味を持ってくれることを祈るばかりです。

幸運にも興味を持って貰えれば、あなたのTwitterアカウントをリフォローしてくれることでしょう。

これを何度か繰り返し、『Twitterもはてブも頻繁に使っていて、あなたのテーマジャンルに興味のあるユーザー』の10数人程度にフォローされた状態にして下さい。

これで、準備完了です。

3.記事を書こう!

次に、予め用意したテーマジャンルの記事を執筆しましょう。もう、あなたの記事に興味を持ってくれる人は誰なのかわかっています。あとは、あなたが記事を書くだけです。

目の肥えた彼らに差し出すわけですから、中途半端なクオリティではブックマークしてくれません。彼らを満足させられるように、質の高い記事を書きましょう。

4.記事を投稿し、Twitterで告知しよう!

記事がかけたら、ブログやサイトに投稿し、あなたのTwitterアカウントで、記事を更新したことを彼らに伝えましょう。

5.いざ、ブックマーク!

ここまできたら、ブックマークされるかどうかは、あなたが書いた記事次第です
彼らの満足いくものであれば、必ずブックマークしてくれます。

これを何度か繰り返すことで、はてなブックマークの数は増えていきます。ホッテントリを目指して、良い記事を書くことに専念しましょう!

『ユーザーの興味と、提供できるコンテンツを繋げる』ことがインターネットの本質だ

インターネットの歴史とは、すべからく『“人”と”興味”を繋げてきた歴史』です。

ポータルサイト、掲示板、質問サイト、検索エンジン、リコメンドエンジン、検索連動型広告、ブログ、SNS、これらはすべて、ユーザーがどのようなことに興味を持ち、その興味をいかに満たすか、そのために必要なものは何か?という思考で設計されたサービスです。

表面的なサービス提供の仕方は違いますが、すべては人の興味を満たすために存在するものです。

リーンスタートアップで例えると

今回やったことは、プログラム等は使っていませんが、『手作業でユーザーとユーザーの興味が繋がる』ようにしたということです。

あなたがプログラミングができるのであれば、このロジックを元にプログラムを書くこともできるでしょう。この方法は、はてぶ以外にももちろん使えます。

今回のように思いついたアイデアをまず、手作業でやってみて、効果があるか確かめる

これがリーンスタートアップで言うところのMVPです。コードやサービスなどの形をなしてはいませんが、これが最小のサービスです。

リーンスタートアップの課題仮説と提供価値で考えると、次のようになります。

課題仮説

【ユーザ】:新しくWebサイトやブログを作ったサイトオーナー
【課 題】:サイトのアクセスアップに困っている。アクセスアップにははてブが有効だと知っているので、はてブをして貰いたいと思っている。


という課題仮説に対して、

提供価値

Twitterもはてブも頻繁に使っていて、サイトオーナーのテーマジャンルに興味のあるユーザー』を見つけて繋げられれば、問題を解決できる。


というのが、提供価値です。

コンシューマにとってはお金を払うほど痛みのあるテーマではないと思うので、果たしてビジネスになるのかはやや疑問ですが、この課題仮説が証明できれば、実際にコードを書くプロトタイプ開発に着手することができるわけです。

インターネットで価値を生み出すということ

インターネットにおいて『人と”人の興味”を繋げること』は価値を生み出す源泉です。サービスのアイデアを考えるときは、ぜひ何かと何かを繋げてみて下さい。何かと何かを繋げれば、そこには必ず価値が生まれます。

その価値が何なのか、あなたが気づきさえすれば、新しい画期的なサービスを生み出すこともできます。様々なことを試してみて下さい。

また、ブログやサイトでアクセスアップをするには、はてなブックマーク以外にも検索エンジン経由でのアクセスアップ方法もあります。詳しくは、【5分で】ページランク5の被リンクを得る一番簡単な方法にも書いてありますので、あわせてご覧下さい。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

3 Responses to “0からはてブ(はてなブックマーク)の数を劇的に増やしアクセスアップをする方法”

  1. Mr.Murakami.T. より:

    拝啓

     貴殿益々御活躍のこととつつしんでお慶び申します。
    さて、コメントの方についてテーマを20字以内で納めるべきだとおもいます。
     末筆ではありますが、私のコメントが役にたてれば何よりの幸です。

                                                    敬具

  2. […] 0からはてブ(はてなブックマーク)の数を劇的に増やしアクセスアップをする方法 […]

  3. […] IT起業アカデミアでも、0からはてブ(はてなブックマーク)の数を劇的に増やしアクセスアップをする方法で、下記のように書いています。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ