IT起業するときに絶対に決めなければいけない2つのこと




ITで起業をするなら、絶対に決めなければいけないことが2つあります。

それは、あなたのビジネスが「誰に提供するためのものか?」と「何を提供するためのものか?」の2つです。

IT起業をするための魔法の質問。それが『誰に、何を?』

IT起業や新規事業でビジネスを創るときは、必ず「誰に提供するためのものか?」と「何を提供するためのものか?」の2つを決めなければなりません。

なぜなら、他の様々なことは別に無くてもビジネスは成り立つんです。でも、「誰に、何を?」は完全に別格。この2つがないとビジネスは絶対に成り立ちません。

私は2つの質問を覚えやすくするために、『誰に、何を?』という1つの質問の形にして使っています。

①「誰に提供するのか?」

つまり、「お客さん(顧客)」です。

IT起業においても、普通の起業と同じように「自分のビジネスのお客さんは誰か?」ということを決めなければいけません。

②「何を提供するのか?」

つまり、「あなたが売りたいもの(商品)」です。

自分のビジネスで売りたいものは何か?」ということを決めなければいけません。①の顧客と比べると、②の商品の方は決まっている場合が多く見受けられます。

『誰に、何を?』が、ビジネスの性質を決める最も重要な基本設計である

ビジネスを構成する要素にはたくさんのものがありますが、ここでご紹介した「誰に、何を?」が最も基本的かつ重要なビジネスの設計です。

ITやインターネットをどう使うか?というのは、この「誰に、何を?」という目的を実現するために、使われるものであり、「誰に、何を?」が決まってないうちに、アフィリエイトをやろうとか、オークションをやろうとか、Webサービスを作ろうとか、スマホアプリを作ろうとか決めてしまうと、それは手段ありきの発想になり、ビジネスの本質的な設計がなされていないので、IT起業の失敗に繋がります。

「IT起業をしたい、自分のビジネスを持ちたい」と思っているならば、常に「誰に、何を?」「誰に、何を?」を自分に問いかけ続けて下さい。これを続けていると、ある時、ふと答えが見つかります。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • ITで起業したいと思ったら、まず何から始めればいいのか?ITで起業したいと思ったら、まず何から始めればいいのか? 「ITで起業したい」「インターネットで稼ぎたい」と思った時、それを実現するためには具体的に何から始めればよいのでしょうか?   儲かりそうなビジネスを調べる?  今流行っているビジネスを探す?  資本金を集める?  商品やサービスを作る?  お客さんを […]
  • 1時間で人間の脳をハックするシリコンバレーの交渉術1時間で人間の脳をハックするシリコンバレーの交渉術 最新のニューロエコノミクス(神経経済学)分野の 研究成果によると、すばらしい販売方法というのは、 […]
  • ホリエモンから学ぶIT起業に成功する秘訣『儲かるビジネスが持っている4つの条件』とはホリエモンから学ぶIT起業に成功する秘訣『儲かるビジネスが持っている4つの条件』とは 元ライブドア社長のホリエモンが『起業してほぼ確実に成功する方法』と題し、あるブログ記事を書いていました。 2010年4月のことです。その中でホリエモンは、起業してほぼ確実に成功するためには4つの条件が必要だと言っています。 ①『利益率の高い』ビジネス […]
  • ゼロからビジネスを生み出す「ビジネスの仕組みと構造」について 私たちはこれからビジネス(事業)を創っていくわけですが、そもそもビジネスとは何でしょうか? はじめに ここでは、ビジネスがどうやって生まれ、どうやってお金を産み出すようになっていくのか、それらを自分でゼロから創っていくためにはどうすればいいのか、と […]
  • 山の遭難と起業の共通点 山で遭難したときに助かるかどうかは、クライマーの状況判断や登山技術、経験も重要ですが最終的には『こっちの道(判断)で正しいんだと思えるか、信じられるかどうか』で決まるそうです。 何でも始めの景色は美しい。「欠乏」からが本番スタート。 これ、起業でも […]

コメントを残す

このページの先頭へ