爆笑w 七転八起なロボット人生。何事も最初からうまくはいかない。試行錯誤の先にこそ成功がある。





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



ダーパロボティックスチャレンジ2015の動画が公開されましたので、共有したいと思います。この動画、必見です。

Robots 01

今日のテクノロジーに深く影響している「DARPA」とは?

DARPA(ダーパ)は、アメリカ国防高等研究計画局(Defense Advanced Research Projects Agency)の略で、アメリカ国防総省における軍隊使用のための新技術開発や研究を行なっている研究機関です。

DARPAの前身はARPA(アーパ:Advanced Research Projects Agency)であり、インターネットの原型であるARPANETを生み出したり、GPSを開発しました。今日私たちが使っているようなメジャーとなるようなテクノロジーは、DARPAの研究開発に大きく影響を受けています。

世界的な災害救助用のロボット競技大会、ダーパロボティックスチャレンジ

そんなダーパが行なっている災害救助用のロボット競技大会が、ダーパロボティックスチャレンジ(DARPA Robotics Challenge)。

ダーパロボティックスチャレンジは、人間が近づけないような過酷な災害現場で活動するロボットの開発を促進することが目的で、がれきの除去や車の運転など8種目でロボットの能力が評価されます。日本からも数チームが参加しており、高い成績をマークしたチームはGoogleに買収されたことでも話題になりました。

こう聞くと、さぞやハイレベルの戦いが繰り広げられているのだろうというイメージがありますが、意外や意外、転びまくっているロボット達。それがこちらの動画です。

そう簡単にはうまくいかない。ロボットも失敗の連続だ。

Robots 01

道を何気なく歩いていたら・・・

Robots 02

突然転ぶ。

Robots 03

家の中に入ろうとして、前のめりに転ぶ。

Robots 04

家の中に入ろうとして、後ろに転ぶ。

Robots 05

ムーンサルトキックばりに転ぶ。

Robots 06

次こそは!と思って、ドアを開けようとしたら、

Robots 07

転ぶ。

Robots 08

階段に登るぞ!と思ったら、

Robots 09

また、転ぶ。

Robots 10

バルブをひねって水を出すぞと思ったら、バルブは握れず宙を握り、

Robots 11

やっぱり転ぶ。

Robots 12

未来っぽい優秀そうなロボット。次こそはいけるか!?

Robots 13

物にも触れず、突然膝から落ちる。

Robots 14

車から降りるよ!と脚をぴくぴくさせながら慎重に降りたら、

Robots 15

手が変な方向を向きながら、やっぱり転ぶ。

なかなかうまくいかないものですね…。

優勝したロボットはこちら

ちなみに優勝したロボットはこちら。会場は歓喜の渦です。

人生と一緒で七転八起なロボット開発。何度失敗してもくじけずに、立ち上がって努力することが、きっと未来の当たり前を作っていくのだとつくづく実感する動画でした。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ