なかなか繋がらないソフトバンクの157で簡単にオペレーターと話す方法





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



携帯電話やスマートフォンを使っている方の中には、通信キャリアは『ソフトバンクと契約している』方は多いと思います。ソフトバンクの顧客サポートは『157』ですが、なかなかオペレーターと繋がらないことで有名です。今日はそんなときに使える『すぐに157でオペレーターと繋げる方法』です。

Waiting girl

ソフトバンクと契約して早7年が経ちました。

私自身2008年の日本でiPhone3Gが発売したときからソフトバンクを使っており、かれこれ契約して7年になります。それなりの期間ソフトバンクと契約をしていますが、基本的には機種変更ぐらいの時にしかやりとりすることはほとんどありません。今回ちょっとした契約内容の見直しをする機会がありやりとりをする必要があったのですがとても試行錯誤をしてしまいました…。

『157に電話してもオペレーターまで辿りつけない!』問題

ソフトバンクの顧客サポートの電話番号は『157』でソフトバンクと契約している携帯電話やスマートフォンであれば、『157』に電話をかければ、契約内容の確認や変更など様々な対応をしてもらえます。

しかし、この電話サポートが非常にわかりづらい仕組みになっていて、『ソフトバンクの157に電話しても、自動音声ばかりで全然オペレーターに繋がらない!』という人は結構いるんじゃないでしょうか。

すぐに変更したいのに!』という時でも、音声ガイダンスに従ってやるとほとんどは自動応答になってしまったり、失敗すると『再度おかけ直し下さい』を何度も聞く羽目になります。

ちょっとした契約内容の変更なので、すぐに済むだろうと見積もっていたら気づいたら『契約内容を変更するだけで数時間かかってしまい、この方法を知るために、157やソフトバンクショップ等に10回は電話しました…。

ソフトバンクの顧客サポート『157』ですぐにオペレーターと話す方法

こんなことになることを避けるためにも、『ソフトバンクの157でオペレータとすぐに話せる方法』を共有したいと思います。

手順は次のとおりです。

  • ソフトバンクで契約している携帯電話、スマートフォンから『157』にかけます。

  • 157の自動音声ガイダンスが始まったら、即『#10』を押します(重要!)

  • その後、本人確認用の暗証番号を入力するように促されますので、ソフトバンクと契約したときに登録した4桁の暗証番号を入力します。

  • これで、オペレーターに直接つなぐことができます。つながるまでの時間は混み具合によって変わってきますが、私は1分程ですぐにつなげることができました。

ソフトバンクのサポートに電話をするときは、これだけ覚えておいて下さい。

手順をまとめると、『157 ⇒ #10 ⇒ 4桁の暗証番号 ⇒ オペレータ』です。これだけとりあえず覚えておいて下さい。自動音声の無限ループや『再度おかけ直し下さい』を回避できますから。




顧客サポートで、音声認識技術が使われるということ

Pepperがらみの音声認識技術を使っているのか、今は電話サポートもボタンを押すタイプだけなくて、音声認識技術も使われているんですね。

ボタンを押す』タイプと『言葉で話す』タイプの混合になっています。これ、今回初めて実際に体験してみたんですが、非常に煩わしいです。ユーザー体験として。

お問い合せ内容を確認します』の人工音声の後に、知りたいことをそのまま話すようになっているのですが、このシステムの条件にマッチしてしまうと、また『ボタン操作の嵐』が待っています。

あまりにも酷いので、ソフトバンクショップに何度も確認したところ、

そこの部分で正しい電話番号を入れると自動音声になってしまうので、間違って下さい。それを3回間違えれば、オペレーターにつながります。』と案内されるとは思いませんでした。びっくりデス…。加入者が増え顧客対応が追いつかないため、自動音声になっているという話でしたが、これ『本当に大丈夫なのか?』と心配になってしまいました。

事業運営にはいろいろな制約条件があるので、なかなか理想道理にはいきませんが、最先端の技術もうまく組み合わせないと大変なことになってしまうなと実感したソフトバンクの電話サポートでした。

その後、ソフトバンクを解約しました。

ソフトバンクのサポートがあまりにも酷かったので、これを機にソフトバンクを解約し乗り換えました。ソフトバンクは7年使っていましたが、そろそろ変更する時期なんだろうということで。

おそらくほとんどの人は知らないと思いますが、サポートに定評のあるスマホと言えば、ツタヤがやっているTONE(トーン)というスマホです。ツタヤのスマホサービスは、非常にサポートに力を入れていて、電話サポートや遠隔操作サポートといったアフターケアも無料で対応しています。

月額1000円から使えて、SIM設定なども不要で届いたらすぐ使えるため、どこでも誰でも簡単にスマホが使えるようにしている隠れた優良サービスだったりします。スマホは長く使うものだからこそ、価格だけでなくサポートも非常に大切ですね。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

8 Responses to “なかなか繋がらないソフトバンクの157で簡単にオペレーターと話す方法”

  1. 森の動物 より:

    ソフトバンクで聞いたところ、

    157もしくは0800-9190-157をかけたあと、

    「4番を押し、その後に流れるメッセージを3回無視してください。」

    とのこと。

    極めて不親切な方法をとっていることは言うまでもないですね。
    意図してなのか、結果的にそうなっているのかはあえて言いませんが、できるだけサポートしないで済むような設定になってしまっていることに変わりはないと思います。

    この思想はソフトバンク(Yahooも含め)に流れていて、いい加減嫌気がさし、ソフトバンクモバイルを解約しました。

    • IT起業アカデミア より:

      森の動物さま

      ホントに考えさせられるユーザーサポートですよね。
      このままで良いと思っているんでしょうかねえ。

  2. 匿名 より:

    同じことを長年思っていた者です。
    こちらの記事に辿り着いて共感できうれしかったです。
    ありがとうございました。

    • IT起業アカデミア より:

      コメントありがとうございます。

      ホントにこのサポートは何なんだろうと、私も疑問に感じました。
      顧客にとっても、事業者にとっても良い方法が他にあるような気がしています。

  3. なんこ より:

    なかなか繋がらずイライラしていたらこのページが!!
    すごく助かりました!!

    • IT起業アカデミア より:

      なんこさま

      お役に立って良かったです。
      私はソフトバンクから他へ機種変更し、スッキリしました。

  4. otto より:

    私もこのページでものすごく助かりました。
    私の場合 157 ⇒ #10 ⇒ 4桁の暗証番号のところ
    焦って暗証番号を間違えて登録したら運よく?オペレーターにつながりました。

    このページを知る間30分ぐらいガイダンスに振り回されマジで切れかかりました。
    人同士だと1分も掛からない契約変更なんですけどね。
    157の音声サポートは本当に最悪すぎます。

    • IT起業アカデミア より:

      ottoさま

      コメントありがとうございます。
      本当にソフトバンクのこのガイダンスは酷いですよね。

      ソフトバンクは電話サポート自体を減らしたいのだと思いますが、利用者としてはこれはどうにかしてもらいたいものですね。

コメントを残す

このページの先頭へ