川の周りにはなぜ桜が多いのか?江戸時代の人が考案した理由を学ぶ【前編】

【2018年3月31日追記】LINE桜クイズの答えについて

LINE桜クイズの答えについて知りたい方は、LINE桜クイズの答え(2018年3月29日〜2018年4月9日開催)についてを読んでいただくのが簡単です。

詳しい理由が知りたい方は、この記事を読み進めてみて下さい。

日本の春の風物詩、桜。

4月も下旬となりお花見シーズンが終了し、世の中はゴールデンウィークに突入しようとしています。日本の春といえば桜ですが、桜が咲いている場所というのは偏りがあるということを知っていますか?
起業と桜に何の関係がと思えるかもしれませんが、今日はそんなお話です。

CherryBlossoms

お花見、どこでしましたか?

お花見の主役である桜の木。毎年3月下旬から4月中旬にかけて、日本では至る所でお花見が催されていますが、あなたはどんな場所でお花見をしたでしょうか?

公園や広場、学校でしたか?それとも、水がサラサラと流れているような水辺の近くでしたか?いずれにしても、大勢の人が集まるような場所ではなかったでしょうか?

川や水回りの近辺に桜の木は多く植えられています。

実は桜の木というのは、川や土手といった水回りの近辺によく植えられている傾向があります。なぜ「川の周りには桜が多い」のでしょうか?

これには、ある理由があります。

川の周りになぜ桜が多いのか? その理由は江戸時代にあり。

今から遡ること江戸時代。江戸時代はインフラの整備がまだまだ未熟で、大雨が降ると川が氾濫し土手の決壊が起こり、洪水の被害に悩まされていました。人々は何とかして土手の決壊を防ぎ、洪水の被害を最小限に抑えるためにはどうすればよいか日々考えていました。

「どうすれば、土手が決壊しなくなるか?」を考えているとき、1人の人間がある考えを思いつきました

川の周りにはなぜ桜が多いのか?江戸時代の人が考案した理由を学ぶ【後編】に続きます。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ