【無料セミナー】シリコンバレーの連続起業家に学ぶIT起業に必要な2つのスキル




2013年6月2日(日)に、武蔵野学院大学でシリコンバレーの連続起業家が、無料セミナーを行うそうです。テーマは、顧客開発です。

専門職の人がIT起業をするときに気をつけなければいけないこと

エンジニアやデザイナーなどスキルを持った人達がIT起業をするときに、特に気をつけなければいけないことがあります。

それは、「自分の専門」だけで考えないこと。

前職が専門職の人達は、「自分は技術があるから」という理由で独立する人がいますが、そのパターンで起業をすると間違いなく苦労します。
なぜなら、起業における「集客」と「販売」の重要性について全く認識できていないからです。

起業家に必要な3つの行動

専門職から起業家になるとは、大きな変化を伴うことです。大企業での分業制の業務に慣れ、今までの仕事のスコープで考えていると、「こんなはずじゃなかった…」という事態に陥りがちです。

以前に、「起業したいけど、起業できない理由。起業の本質は、3つの行動にある」に書いたように、起業は3つの要素で成り立っています。これは、どんなビジネスでも全く同じです。

  • 起業家は『顧客』を作らなければいけない。
  • 起業家は『商品』を作らなければいけない。
  • 起業家は『販売』をしなければいけない。

あなたが専門職でどんなに高い経験や技術、資格を持っていようが、素晴らしいプロダクトを持っていたとしても、肝心のお客さんを創れなければ、ビジネスとして成り立ちません。

多くの人が起業で失敗する一番の原因は、「こういう問題を解決しよう!」「こういうプロダクトを作ろう!」と商品に関する部分を決めたはいいが、集客と販売については、ほとんど全くと言っていいほど考えられていないことです。

集客と販売についての計画を持っていないと、顧客を作ることができないために、必ず起業は失敗します

それだけ、起業の成功とは、『集客と販売の成功にかかっている』のです。

今回の無料セミナーでは、シリコンバレーに留学されたシリアルアントレプレナー(連続起業家)が講師なので、IT起業をやるために必要な集客と販売の考え方を学んだり、具体的な方法を勉強したい方にとって、貴重な学びが得られる機会です。

2013年6月2日(日)武蔵野学院大学にて開催されます。セミナー参加費は無料です。

このセミナーの募集は終了しました。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

  • リーンスタートアップの顧客開発を可視化する『バリデーションボード』という方法リーンスタートアップの顧客開発を可視化する『バリデーションボード』という方法 リーンスタートアップは、スタートアップで使われる最も代表的な起業のプロセスです。リーンスタートアップは複数のプロセスで構成されますが、特に重要なのが『顧客開発』です。 ここでは、その顧客開発を行うプロセスを可視化する(見える化)する方法の1つで […]
  • IT起業の聖地シリコンバレーの有名企業マップIT起業の聖地シリコンバレーの有名企業マップ シリコンバレーにある、スタートアップベンチャーや有名企業がまとまっている地図です。 シリコンバレーに行く前に見ておくと役立ちますよ! シリコンバレーに行くなら、シリコンバレー地方版もぜひチェックを。 […]
  • シリコンバレー地図シリコンバレーの地図を売っているウェブサイト『Silicon Maps(シリコンマップス)』に学ぶ成功する起業の考え方 シリコンバレー界隈にいる人には有名なんですが、一般の人にはあまり知られていないWebサイトがあります。 シリコンバレーの地図を売る『Silicon Maps(シリコンマップス)』というホームページ Silicon […]
  • 『シリコンバレーの交渉術』に関する読書メモ『シリコンバレーの交渉術』に関する読書メモ シリコンバレーの投資家から4億ドルを調達したビバリーヒルズのベンチャーキャピタリスト、オーレン・クラフの交渉術について、まとめられた書籍。売り込みというキーワードが所々に出現するが、実際は交渉術が主体。 目次 シリコンバレーの交渉術 売り込みは科学で […]
  • 21世紀の顧客の定義21世紀の顧客の定義 顧客とは、あなたと一緒に未来を創る仲間である。 「お客様、お金とフィードバックを下さい。  その代わり、私たちはプロダクトと新しい体験をあなたに提供します。」 これは、本物の信頼関係がなければ成り立たない。 顧客の定義を変える時期に来ているのだ。 […]

コメントを残す

このページの先頭へ