Web系エンジニアの起業独立は週3日で月50万を安定的に稼いで自社サービス開発をするのがオススメ

Web系エンジニアの起業独立は週3日で月50万を安定的に稼いで自社サービス開発をするのがオススメ

週2,3日の高単価案件でお金と時間を稼ぎながら、起業準備や自社サービス、自社アプリ開発の時間を捻出すること

今まで会社員としてエンジニアをやっていた方がいざ独立や起業となったとき、最も困るのが

始めのお客さんや仕事をどうやって手に入れるか?

ということです。始めのうちは実績や信用が無いため、起業したりフリーランスになってもなかなか仕事は入ってきません。

手軽に始められるものとしてはクラウドソーシングもありますが、それでもすぐに仕事になるかどうかは不確定な要素が多く、単価も安めなので稼ぐには複数の案件をこなさなければならないのがネック。何よりも、単価が安いブラックなクライアントも多いですよね、クラウドソーシングは。

そんなときにとても役立つのが週2日からのエンジニア案件紹介サービスです。よくある普通の案件紹介サービスとはまったく異なり週2日から働けるので、自分のサービスを作りながら日々必要な売上も確保できるのがフリーランスや独立当初のITエンジニアにとって、とても役立つ知る人ぞ知るサービスです。

具体的には、こんな方に役立ちます。

  • 独立したいけど収入の目処が立っていない方。
  • 仕事はたくさんあるけど、クライアントのプロジェクトが忙しすぎる方。
  • もっと自分のアイデアに集中できる自由な時間が欲しい方。
  • レガシーな技術だけでなく、最先端の言語やスキルを活かしたい方。
  • 立ち上げたばかりの自社サービスだけでは不安。安定した収入が欲しい方。

週2〜3日(月10日程度)はクライアント企業のプロジェクトを推進しつつ、週3日は自分の事業を育てるために使える。経済的な自立を確保しながら、自分がやりたいことに集中するのは起業の成功において必要不可欠です。

『週2日のエンジニア案件紹介サービス』で得られる3つのメリット

1. 週2日、週3日で稼働できる『一般非公開案件情報』が手に入る。

週2,3日稼働の案件というのは、ここ1,2年で少しずつ増えてきています。クライアント企業もまずはお試しで始めて見たいという担当者も多いので、あまり公には公開されていません。

そのため、条件の良い週2日稼働案件というのは、ほぼ非公開情報です。こういう案件を1つ持っておくと起業・独立後のリスクを極限までに抑え、自由度の高い活動が行えるようになります。短い日数で安定収入が得られるのは、サラリーマンでは絶対できない大きなメリットです。

どんなことでも、『良い情報というのは、限られた人が持っています。』他の人がまだ知らない情報を入手できるのは大きな優位性を生み出します。

起業と同じで、行動した人と行動しない人では、大きな差が生まれます。

2. 即日マッチングができ、面倒な交渉は専門のエージェントが全て行ってくれる。

最短1日〜1週間位で希望に沿った仕事の情報が手に入ります。クライアント企業との営業や交渉、契約などは専門のエージェントがしっかり行なってくれるので、問題ありません。

また、エージェントを通すことは、あなた個人が1人で活動するよりも「あなたを紹介してくれる」という信用力のアップにつながります。仕事をとるときは、誰かに紹介してもらうのは最も近道なので、必ず信頼できるエージェントを使うようにしましょう。

エージェントの交渉能力は非常に高く、単価が上がった実績は数多くあります。可能な限り希望以上の条件となるよう、エンジニア・企業の方々双方とちゃんと話し合ってくれます。

3. エンド直請けでの契約なので、一般よりも『圧倒的に報酬が高い』。

90%以上の案件がエンド直請けなので、中間マージンを最小限に抑えているのが特徴です。

あなたも経験ありませんか? 他社の名刺を持って面接に行くとか、指定した場所に行ったら全然知らない会社の人とやりとりするはめになったとか。SIなどのIT業界はピラミッド構造になっており、多重請負が横行しています。エンドクライアントとあなたの所属会社の間に1〜3社入るなんてこともザラにあるのが現実です。

その間に入っている複数社が月々数万円の手数料を得ているのです。ですから、実際にクライアントが月100万円を払っていたとしても、あなたの手元に入るのは50〜60万円。普通のやり方では、手数料に取られてしまうのです。これをなくし、エンド企業との直接商流になっているため、現場で働くエンジニアが高い報酬を得ることができるようになっています。

こうした圧倒的な報酬の高さがあるからこそ、普通なら週5日稼働しなければならないのに週2日や週3日の稼働でも十分な報酬を得ることができるのです。

高単価の週2日案件を得るためには、ここがポイントになります。

【Point.1】実際のスキルや技術、経験がどのくらいあるか?

エンジニアなので当然、技術力や開発力の実績は問われます。といっても、はじめは実務経験が3年程度あれば問題ありません。もしあなたが3年の実務経験がなかったとしても、自分でWebサービスを開発、運用したり、アプリをリリースした経験があれば高く評価されます。実際に自ら手を動かし、プロダクトをリリースしたり、運用したということが何よりも重要です。

【Point.2】他者がわかる過去の実績やポートフォリオを持っているか?

エンジニアの場合、GitHubやBitbucket等で管理しているプログラムやスクリプトの公開をしているとポイントが高くなります。雑誌や技術系サイトへの寄稿、技術ブログの運営を行なっていればこれも高評価に繋がります。要は、口だけではなくて他人にあなたがやってきたことがちゃんと見えることが重要です。

【Point.3】エージェント担当者と『直接話す』こと。

ビジネスですから、技術力だけでなく信用が重要になります。エージェントとしても自分の大事なクライアントに紹介するわけですから、どこの誰ともわからない信用の置けないような人には当然紹介しません。

ですから、必ずエージェント担当者を話すことを心がけて下さい。電話でも問題ありませんが、やはりお互いどんな人か一度は会って話しておくのが長期的な良い関係に繋がります。エージェント担当者はあなたの都合を最優先に場所や時間をセッティングしてくれますから、はじめはちゃんと会って『真剣に週2〜3日の稼働案件を探している』ことを伝えましょう。

こうしておくことで、そのときに希望の案件が見つからなかったとしても、あなたの条件に合った案件が発生したときは真っ先に連絡をくれるようになります

以上が、週2〜3日の高単価案件を得るためのポイントです。この3点さえ抑えておけば、まったく案件が紹介されないということはまずありません。他の人が手に入れていない良案件を紹介してもらえる確率は格段に高まります。

週2日で30万や週3日で50万のエンジニア案件を教えてもらうには

週2日や週3日の案件はまだまだ一般的ではないため、案件情報を持っている会社はごく限られています。私のおすすめは、こちらの会社でまずは登録だけ済ませて、担当者と直接話すのがポイントです。

はじめは最低限の情報だけ登録しておけばいいので面倒なことなく1分もあれば終わります。とりあえず登録だけしておき、数日以内に担当のエージェントから連絡がありますので詳しい話を聞くのが良いでしょう。ここまでいけばWebの検索では見つけられない様々な非公開情報が手に入るようになります。

私自身も起業した当初は、週2日クライアントの受託開発案件をやりながら、自社のサービス開発を続けていました。(Ruby on Railsでした)

私の場合は実際に週2稼働の案件を起業直後に手に入れられたのは大正解でした。実際に現場で働いてみると、そういうスタートアップの起業家やフリーランスのエンジニアはあなたが思っている以上に多いということに気づくかと思います。そして、そういう場所には自分と似たような人が集まっているものです。高報酬が得られるだけでなく、そこでできた繋がりや人脈というのも後々役立ってきます。

週3日で安定収入を得るというのは、もしサラリーマンを続けていたら絶対に得られなかった大きなメリットなので、やりたいことがあるエンジニア、起業・独立ばかりのエンジニアにこそ有効活用してもらいたいサービスです。

ほとんどの人がこういう方法があることすら知らない現状ですのでまずはとにかく、

情報を得ること、他の人が知らない情報を得ること。

この行動が安定的に稼ぎながらやりたいことをやるためには絶対に必要になってきます。あなたの技術力が正当に評価され、高単価の案件が見つかり、貴方自身がやりたいことが実現できることを心から願っています。

Copyright© 2016 Web系エンジニアの起業独立は週3日で月50万を安定的に稼いで自社サービス開発をするのがオススメ. All rights reserved.