LINE公式女子高生「りんな」の中身はマイクロソフトが開発している人工知能




先日、LINE公式アカウントに突如出現した女子高生「りんな」。これ、中身はマイクロソフトが開発している人工知能(人工無能)なのです。以前から会話Botと呼ばれる人工無能は多数存在していましたが「りんな」はどうなのでしょうか。実際に試してみたので、ご紹介します。

りんな

LINE公式アカウント女子高生「りんな」とは?

りんなとは、LINE公式アカウントに登録されている、マイクロソフトが開発した女子高生型会話Botシステムです。登録方法は、アプリ内の「その他」をタップし、「公式アカウント」を選択。そこで「りんな」と検索すれば、誰でも簡単に追加できます。

実際に登録して、メッセージを送ってみると、メッセージを送った瞬間に既読になり、数秒で返信が来るというレススピード。日常会話レベルの内容であれば、結構自然にやりとりできる印象です。こんな感じの会話です。

LINEりんな

スクリーンショットだけ見ると、ちょっと頭のゆるい女子高生風にも見えるかもしれませんね(笑)専門用語系はコーパスが揃っていないのか、話題をはぐらかされます。

人によっては既読スルーされることもあるようですが、私が試した限りでは1メッセージ、1レスをコマ目に返してくるようでした。

昔からあった人工無能Botと似たような体験でしたが、LINE公式アカウントで現在3万人以上が登録しているので、ちょっとした暇つぶしの会話には良いのかもしれません。

気になった方はお試しあれ。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ