【購入直後の簡単設定】gearbest購入直後のGPDWINを日本語化設定する手順とWindows文字化け対処方法





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



Windows10が完全動作するモバイルゲームPC、GPDWIN購入後にやるべき日本語化設定の手順を解説します。当記事はgearbest購入版のため、標準で英語仕様となっていましたが、下記の手順でGPDWINを日本語化しました。

GPDWIN-Windows10

時刻・タイムゾーンの設定を行う

画面下部右端に表示されているOSの日時を見てみると、日本時間に合っていないのでまずはこれを設定します。

右のスティックでマウスカーソルを動かし、L2ボタンで日時が表示されている場所をクリックすると、時刻とカレンダーが表示されます。

この画面の下の方にある Date and time settings をL2ボタンでクリック。すると、TIME & LANGUAGE という画面が表示されます。

ここに出ているTime zone を見ると、

  • (UTC -08:00) Pacific Time (US & Canada)

になっているので、これを下記のように変更します。

  • (UTC +09:00) Osaka, Sapporo, Tokyo

そして、

Set time automatically と Set time zone automatically をOFFにし、Change date and time の欄にある「Change」ボタンを押して、正しい日時を設定します。これで、タイムゾーンの時刻設定は完了です。

言語の設定を英語から日本語にする

次に、その画面の左側にある Region & language をクリックし、OSの言語設定を行います。購入直後は英語版になっているので、これを日本語版に変更します。

Country or region が United States になっているので、これを Japan に変更します。

その画面下部にある Languages で Add a language をクリックします。その中にある「日本語」をクリックすると、日本語のLanguage Pack がインストールされます。次に「日本語」の部分をクリックして、「Set as default」をクリックします。

ここまで完了したら、Windowsを再起動します。
再起動は、画面左下にあるWindowsマークのアイコンをクリックして、Power からRestart をクリックします。

文字サイズを変更して、GPDWINでも見やすくする

  • デスクトップで右クリックをし、ディスプレイ設定をクリックする。
  • ディスプレイのカスタマイズという画面が表示されるので、画面下部にある「ディスプレイの詳細設定」をクリックする。
  • 画面下部にある関連設定に「テキストやその他の項目のサイズ調整」というのがあるので、これをクリックする。
  • 「カスタムの拡大率を設定」というリンクをクリックする。
  • 「カスタムの拡大率を設定」を125%に変更する。
  • 「OK」ボタンをクリックする。
  • 「適用」ボタンをクリックする。
  • サインアウトの確認画面が表示されるので、「今すぐサインアウト」をクリックする。後でする場合は、再起動すれば大丈夫です。

旧Windowsアプリの文字化けの対処方法は、「システムロケールの変更」をすること

Windows10以前のアプリをインストールし使っていると、ときどきダイアログに表示されるメッセージが文字化けすることがあります。

これは「システムロケール」と呼ばれるOS内部での文字コードが正しく設定されていないと不具合として発生します。システムロケールはOSの表示言語とは別ものなので、本記事上部の言語設定を日本語化するだけでは解消されません。

システムロケールを日本語に設定するには、下記の手順を実施します。

  • コントロールパネルを開いて、「時計、言語、および地域」の「日付、時刻、または数値の形式の変更」をクリックします。
  • 地域というウィンドウが表示されるので、「管理」タブをクリックします。
  • すると、『Unicode 対応ではないプログラムの言語』という情報が表示されます。これがシステムロケールの設定です。

Windowsアプリの文字化けしている状態では、おそらくこれが日本語以外の設定になっているはずです。私のGPDWIN(gearbest版)の場合は、英語(米国) となっていました。これを、日本語に変更する必要があります。

  • 日本語に変更するには、「システムロケールの変更」ボタンをクリックします。
  • 現在のシステムロケールを日本語(日本) に変更し、「OK」ボタンをクリックします。
  • そして、「今すぐ再起動」ボタンをクリックします。これでシステムロケールの変更は完了です。

システムロケールが原因で文字化けになっている判断は、Windows10再起動や終了時に出てくるメッセージが日本語以外の場合は、システムロケールの設定を疑ってみたほうが良いです。

ここまで設定を完了すると、GPDWINを日本語環境のWindows10マシンとして最低限使えるようになります。ここで設定する内容はどれも基本的なものですが、何をするにしても必要になりますから、しっかり確認を行っておきましょう。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ