(2013年現在)Snow LeopardにXcode4.2をダウンロードしてインストールする方法

困っているSnow Leopardユーザーがいるかもしれないので、一応メモ。

MacBook Pro (13-inch, Mid 2010)のSSD換装に伴い、Snow Leopardのリカバリをしたところ、Xcodeをインストールしなければいけなくなった。

Snow Leopard で使えるXcodeは4.2が最終版なのだが、Apple公式Developer Centerで探してみても、全く見つからない!検索してダイレクトリンクを見つけても、リンク切れになっているし…。

数時間探しまわって、やっとみつけたのがここ。

■Xcode4.2 for Snow Leopard and iOS5 SDK のダウンロード

http://www.4shared.com/file/Sn651BiT/xcode_42_and_ios_5_sdk_for_sno.html

■Xcode4.2 for Snow Leopard SDKのダウンロード

iOS5が要らない場合は、こちらを使えばOK。

http://www.4shared.com/file/RlThO0b4/xcode_42_for_snow_leopard.html

ダウンロードの注意点

ファイル共有サービス4shared.comに置いてあるので、ダウンロードするためには4shard.comのアカウントが必要です。アカウント作成は無料なので、とりあえず作っておけば大丈夫。

2013年1月1日現在、上記URLから、xcode_4.2_and_ios_5_sdk_for_snow_leopard.dmgというファイルがダウンロードできます。無料だとダウンロードにちょっと時間がかかりますが。私は2時間程でダウンロードできました。

ダウンロード後は、普通にインストールを行えばOKです。

まだ、Mountain Lionにアップグレードはしたくないので、使えるところまでSnow Leopard を使い続けようと思います。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ