【未来授業「知の先達」による公開授業】スプツニ子!明日の日本人たちへ 〜日本の転換点未来を創る〜 書き起こし





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教授スプツニ子!さんが、未来授業「知の先達」達による公開授業で語った、これからのものづくりのやり方について書き起こしました。

Sputniko

明日の日本人たちへ 〜日本の転換点未来を創る〜 書き起こし

ナレーション

大きな転換の時期に来ている日本。この転換点の先に若い世代はどんな未来を創っていくのか。各界の知の先達が現役大学生に直接語りかけました。今週はアーティストにして、MITメディアラボ助教授のスプツニ子!さんの講義です。Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアを駆使して、作品を世界に紹介していくスプツニ子!さん。

彼女が見通す既存の枠組みからはみ出していくポピュラーの概念とは?
今日のキーワードは、ソーシャルメディアが創るネオポピュラーの時代。

スプツニ子!

私もTwitterのおかげで、ソーシャルメディアのおかげで、チームを作って、自分の作品を発表、拡散していっているアーティストです。

今私は、ネオポピュラーの時代に入っていると思っていて、今までポピュラーになるとか、人気者になるとか、たとえば、テレビですとか、ラジオですとか、凄く大きなメディアに露出をするって考え方があって。

だからまあ、商業的なものこそポピュラーになるとか、商業的な考え方がポピュラーになるっていうアイデアがあったんですけど、今私たちは、ソーシャルメディアっていうメディア、Youtube、ニコニコ動画、Ustream、Twitterを手に入れた今、もう無料でガンガンコンテンツを発信して、受信することができる。

だから、人気者であることっていうのは、必ずしも商業的であることとかではなくなったんですよね。

これは凄く面白いことで、例えば私の作品も3年前に大学院を卒業して、初めて展示したのが東京都現代美術館だったんですね。その次に展示したのが、ニューヨークMONA近代美術館。

それって、15年前のアーティストにはあり得ない

学校出てすぐ美術館で展示ってあり得なかったんだけど、やっぱそのとき私は作品をYoutubeにのっけていたから、都現美のキュレーターとニューヨークMOMAのキュレーターがYoutubeで見て「この子、面白いじゃん! いいな、ちょっと展示しよう」みたいな感じで拡がっていった。

だから、なんていうかチャンスは、無限にひろがっている時代なんですね。
自分の言いたいこと、議論したいことが、どんどん自分の力で拡がっていく

もう一つ変わっているなって思うのが、これまではソロ天才型タイプの時代かなと思うんですよ。1人でアイデアを持ち、プロトタイプを作り、電子工作、グラフィック、映像、写真も1人で何でもできますっていう人が活躍したんだけど、これから出てくるのは、ネットワーク天才型だなと思ってて。

例えば私はアーティストとして制作してるんだけど、私、絵がすっごい下手で、写真も撮れないし、映像の編集もアマチュアだし。まあ、できないづくしだけど、私はアイデアを持っていて、Twitterを使って写真ができる人、音楽ができる人、グラフィックができる人、ファッションができる人っていうのを集めて、みんなでネットワークで作っていく。

だから、集合知的な、クラウドソース的な作り方でアートを創っているんです。それもちょっと、今の新しい動向なんじゃないかなと思ってます。

やっぱりもっと議論をしなくちゃいけない、望ましい未来を考えるには、もっともっといろんな未来を考えて、話し合わなければいけないってときに、じゃあ、もっと議論したかったら、もっとポピュラーにしようよ。もっとポピュラーにするんだったら、もっとソーシャルメディア、おじさん達の大嫌いなソーシャルメディアをもっともっと活用して、もっと自分のアイデアを拡げていこうよっていうのが、私の思いなんですね。

『はみだす力』スプツニ子






この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

One Response to “【未来授業「知の先達」による公開授業】スプツニ子!明日の日本人たちへ 〜日本の転換点未来を創る〜 書き起こし”

  1. […] 「天才とは、1%の才能と99%の努力である。」   何もせずに何かを成し遂げられる天才はいない。「努力」こそが成功を導く。 このアインシュタインの名言には、そんな「努力」の重要性が込められています。   しかし、実のところ、今の時代は「努力」だけでは天才になることができなくなってしまいました。   天才になるための新しいキーワード、それは「シェア」。 2015年を率いる新しいタイプの「天才像」、あなたは知っていますか?     繋がれば誰もが天才?“ネットワーク天才型”とは? 「ネットワーク天才型」 それは、「“個人”としては天才ではないけれど、皆でそれぞれの知識を出し合って“集団”で天才になる」、そんな考え方です。そんな新しい天才像を提唱するのは、現代アーティストのスプツニ子!さん。   作品作りのためにアトリエにひたすらこもって、「自分だけの世界」を追求する。画家や小説家などの「アーティスト」と呼ばれる人たちに対して我々が抱くイメージを、彼女は簡単にぶち壊します。   なんとスプツニ子!さんは、「アーティストなのに、絵が描けない。写真も撮れない。映像編集もアマチュア並み」なのだそうです。そんな常識破りのアーティストである彼女の作品の制作プロセス。これが実に「ネットワーク天才型」的です!   彼女は作品作りを行う際、自分で作品のアイディアを発想し、そこから、音楽ができる人、グラフィックができる人、ファッションができる人などなど、「自分にできないことができる人」を、Twitterを通して集めていくそうです。ネットワークで知識をシェアし、“集団”で天才的モノを形にし、Youtubeを通して作品を発表する。 そんな“ネットワークの力を最大限に利用”して創られた彼女の作品は、世間に公開されるやいなや、世界中から注目の的に!モダンアートの殿堂『MoMA』に展示され、今ではなんと、若干28歳の若さで、アメリカの名門大学MITの助教授にも就任しています。     今求められる力 =「繋がる力」 「シェア」という言葉。 Facebookの一つの機能として認知され始めたことをきっかけに、日本でも幅広い分野で使われるようになったこの言葉が、今では「シェアリング・エコノミー」と呼ばれる新しい経済を生み、我々の生き方を「一人で所有する」から「皆でシェアする」というライフスタイルに移行させつつあります。そんな我々のライフスタイルを変える「シェア」の概念が、「天才像」のあり方までをも変えてしまっているのが事実です。   スプツニ子!さんだけに限らず、今、世の中を変える人たちには、この「ネットワーク天才型」が増えてきています。 デジタル業界に革命を起こし続けるteam Lab(チームラボ)。自身を「デジタルテクノロジスト集団」と呼ぶ彼らもやはり、様々な知識を持つ個人を集めることで、知識をシェアし、集団として天才になる「ネットワーク天才型」です。   もちろん個人の能力や努力も重要ですが、それだけではもう「天才」になることができなくなってしまったのが現代です。   これからは、個人が死ぬほど努力をして「天才」になるのではなく、「適切なタイミングで適切な人たちと“繋がる力”」。そんな「繋がる力」こそが、天才になるために必要となるのかもしれません。   […]

コメントを残す

このページの先頭へ