開発者でなくてもiOS 7を先行体験できるウェブサイトとユーザエクスペリエンスデザインガイド





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



先日のWWDC2013において、『iOS 7』が正式発表されました。
iOS 7の公開に伴い、ブラウザ上から実際にiOS 7を体験できる特設ウェブサイトと、新しいユーザーエクスペリエンスデザインガイドが公開されています。

『iOS 7』を先行体験できる特設ウェブサイト

Apple_iOS7_体験

iOS 7の先行体験サイトはこちらです。

12パターンの画面イメージが表示され、それぞれの画面をクリックすると、各状況におけるUIの動きが確認できます。

『iOS 7』のPhotoshopデザインテンプレート

PhotoshopでのiOS 7用のテンプレートは、下記でダウンロードできます。商用、非商用ともにライセンスフリーです。

『iOS 7』のユーザーエクスペリエンスデザインガイド

Apple iOS7 Design Resources

iOSは、スティーブ・ジョブズの死去とスコット・フォーストルの退任により、質感や特徴など現実世界のモチーフを模倣した『Skeuomorphic Design』から、ジョナサン・アイブのミニマリズムを体現する『Flat Design』へ大きく路線変更をしました。

最新のiOS 7デザインガイドは、下記のURLで開発者向けに公開されています。

iOS 7 Design Resourcesのサイトにアクセスすると、3種類のデザインガイドにそれぞれ分かれています。

  1. iOS 7 UI Transition Guide
  2. iOS Human Interface Guidelines
  3. UIKit User Interface Catalog

すべて、PDFでもダウンロードが可能です。iOSアプリ開発者の方はチェックしておきましょう。iOS 7の一般公開は2013年秋とのことです。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ