【2014年】12年ぶりにMMORPGの草分け「ウルティマオンライン」をやってみた。





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



ソーシャルゲーム、スマホゲーム全盛の2014年に、MMORPGの草分け的存在であるウルティマオンラインを改めてやってみました。かれこれ、12年ぶりです。

ウルティマオンラインは、とてつもなく自由度が高いMMORPG。

昨今のMMORPGやソーシャルゲームでも、ウルティマオンライン程自由度が高いゲームシステムはほとんど存在しません。

ウルティマオンラインの自由度の高さは、ウルティマシリーズのプロデューサーであるリチャード・ギャリオット(Richard Garriott)氏が、ゲームを作るというよりも、ワールドシミュレータを作るという設計でゲームデザインがされていることによります。

そのワールドシミュレータ的設計によって、どのくらい自由度が高くなるかというと、クエストを依頼しているNPCを倒して、身ぐるみを剥がすことができるぐらいゲーム内でユーザーができることの自由度が高いんです。

誇り高いはずの侍が、クエストを依頼している町の人を倒して、身ぐるみを剥がす図

左下に倒れているのが、クエストを依頼していたNPC(ノンプレイヤーキャラクター)です。そして、NPCを倒した後、そのNPCが持っていたアイテムを奪っている図がこの写真。

2014ultimaonline

そのNPCが持っている所持金(ゴールド)はもちろん、NPCが履いていたであろうズボン、シャツ、肘当て、靴などのアイテムを手に入れることができる

侍がただの山賊に成り下がっている気がしないでもないですが、ユーザーの判断によってはこういうゲームプレイもできるわけです。

但し、こういう悪行を繰り返すと、名声が下がり、カルマが増加し犯罪者となり、街に入れてもらえなくなったり、街のショップでアイテムの売買ができなくなったりするペナルティも負います。

様々なことができるけれど、それをやるかやらないかはすべてユーザーの判断次第というのが、2014年になっても面白さが全く色褪せずに独自の世界観を構築しているウルティマオンラインの魅力だなあと感じました。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2 Responses to “【2014年】12年ぶりにMMORPGの草分け「ウルティマオンライン」をやってみた。”

  1. t.okubo より:

    おお、すげー!
    まだサーバー稼働してたんですか!

    • IT起業アカデミア より:

      >t.okuboさん
      久々にブリタニアに来てみたのですが、家もあるし、人もいますね。
      UOは1997年からですから、現在まで17年続いているオンラインサービスって凄いですよね。

コメントを残す

このページの先頭へ