にんげんとインターネットとおかね 第一話





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



私が人生で初めてインターネットを使い始めたのは、1994年頃だったと思います。まだ、Windows95が出る前で、当時日本国内では圧倒的なシェアを誇っていたPC98で、MS-DOSとWindows3.1を使っていました。通信回線はお年玉を貯めて買った14,400bpsの加賀電子のモデムにアナログの電話線をつないでいました。

Windows3.1はインターネットにつなぐために必要なTCP/IPをOSで標準サポートしていなかったので、TCP/IPドライバを自分でインストールし、Netscapeブラウザをインストールしてブラウジングしていました。

Communication

それから、今年で早22年が経とうとしています。

その時代、時代で様々なカタチでインターネットと関わってきたけれど、22年間もインターネットを使っていると、ときどき面白いことが起こるものです。

その中の一つが、『見知らぬ人にオカネを貸す』という体験。

もちろんインターネットなので、相手と面識はまったくありません。友達でもないし、顔も知らないし、相手の身元もわからない。完全に初対面の状況です。

言ってみれば、一緒にたまたま電車に乗り合わせた人から、突然、

オカネを貸して下さい!

と言われるようなものです。

それも1回ではありません。過去3回ありました。この話は私がふとしたきっかけで、とある3名の方々にネットを通じて無担保でお金を貸すことになった、そんな昔話です。

あなたは、

  • 初対面の顔の見えない相手に、お金を貸しますか?
  • ネットで貸したお金は返ってくるのでしょうか? 返ってこない?
  • そもそも、私がなぜお金を貸したのか?

今まであまり人に話すことはなかったのですが、noteに数年ぶりに戻ってきてみて、ふと思い出し、まとめてみることにしました。

賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?

Paypalの創業者であり、投資家でもあるピーター・ティールは、採用面接で必ず聞く質問があるそうです。それは、

賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?

とシンプルな問い。

私にとっては、この3名にお金を貸して得られた体験というのは、貸した金額以上にとても驚くべきものでした。私はこの体験を通じて、オカネの意味やチカラを改めて考えさせられました。

お金というものがどういうイミを持っていて、それによって人の行動がどのように変わっていくのか、私達が常識のうちに行動していることは果たして正しいのか、そんなことに思いを巡らす思考の糧になればと思います。

第一話は、私が一番初めにお金を貸すことになった方のエピソードを話します。フィクションではなく、実話です。一応3人いるので第一話とつけましたが、二話を書く予定は今のところありません。

なかなか表立って語れることでもないので、もしご興味のある奇特な方がいましたら、読んでみて頂ければ。あなたならどうするか感想など頂けましたら、二話も書くかもしれません。

続きは、noteで読めます。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ