儲かっている飲食店は使っている『サイレントオープン』という起業技術





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



今日は、『サイレントオープン』という起業の立ち上げ技術をご紹介します。

Silent open

『サイレントオープン』とは

サイレントオープンとは、主に飲食業界で使われている顧客開発技術の1つで、

一切宣伝をせずに、お店を開店させること』を指します。

普通は、新しいお店をオープンしたら、見込み客にお店の存在を知ってもらうために、チラシを配ったり、フリーペーパーなど雑誌への広告出稿、インターネットのクチコミサイトなどに登録を行います。

しかし、この『サイレントオープン』では、そのような宣伝を一切行いません

一体、なぜでしょうか?

立ち上げ当初は、『トラブルの連続』だ。

新装オープンなど、新しく立ち上げたばかりのお店というのは、トラブルの連続です。

  • 内装工事が遅れたり…
  • 店舗のオペレーション不安があったり…
  • スタッフが慣れていなかったり…
  • オーダーがきちんとこなせるかという不安があったり…
  • 新しく導入した調理機器に問題があったり…

計画時は予期していなかった想定外のことが、日々起こるわけです。

そのような想定外のことが重なると、当然お店のクオリティに大きな影響を及ぼします。クオリティが下がると、せっかく宣伝して集めたお客さんも離れていってしまい、二度と来てくれなくなってしまいます。

トラブルをコントロールするために、『慣らし期間』を作ろう。

このような状態になってしまうことを防ぐために、オープン当初は『慣らし期間』を設けるわけです。

慣らし期間中は、大きな宣伝を一切せずに、不安要素や不確定要素をチェックするために、あえて少人数のお客さんだけを相手にします。

そして、その少数のお客さんだけにサービスを提供してみて、問題点の洗い出しや改善を行い、サービスの質を高めていきます

こうして、一定の慣らし期間をおいてから、広告宣伝を始め、徐々にお客さんを増やしていくのです。

サイレントオープン』を実行する4つのステップ

  1. 新しいお店をオープンしたら、オープンしたことを広告宣伝しない。
  2. お店のオープンに気づき、興味を持ってくれた、少数のお客さんだけにサービスを提供。
  3. お客様の意見を取り入れ、サービスの品質改善を行う。
  4. サービスの品質に一定の目処がついたら、広告宣伝を行い、大規模に集客をする。

『想定外が起こること』を想定に含めることの重要性

アイデアを実行に移すとき、どんなに調査をし、頭の中で計画を作ったとしても、最終的には『やってみなければわからない』という状態に行き着きます。

そして、新しいことをやるときは、どんなことにも一定のリスクが伴います。
リスクはあって当然のものなので、リスクを避けるのではなく、賢くコントロールすることが起業家には求められます。IT起業アカデミアでは、『起業で成功したいなら、小さく始めるべき』だといつもお伝えしていますが、このリスクコントロールを行うために、はじめは小さいことが重要なのです。

今回ご紹介した『サイレントオープン』を使えば、あなたは起業のリスクを上手くコントロールできるようになります。

サイレントオープンをして徐々に安定したら、無料ネット集客を始めること

このようなプロセスでサイレントオープンを行い、店舗オペレーションが安定してきたら、実際に新規客の集客を始めていきます。

飲食店の集客で絶対に欠かせないのが、ネットでの集客。ぐるなびやホットペッパーなどの有料広告媒体もありますが、起業直後ではどの程度の広告効果があるかわかりませんし、月額の広告費用も決して安くはありません。

そのため、はじめはお金をかけずに無料でネット集客をしましょう。

飲食店でのネット集客には、飲食店無料集客サイトのエニーテングルメなどがおすすめです。会員登録をすれば、すぐに店舗情報を登録できるようになるので、お金をかけずにできるネット集客方法は一通り行なっておきましょう。

すぐに集客効果は実感できないかもしれませんが、時間が経つにつれ『検索でみつけてお店に来ました』というお客様も増えてきます。
ぜひ、覚えておいて下さい。

廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年で借金5027万円を返済したとっておきの集客方法

今、飲食店を経営していて集客に困っているなら、『多重債務により廃業寸前だった飲食店経営者が、たった3年で借金5027万円をチャラにした7つの集客方法』は参考になるかもしれません。

小さな飲食店を応援する会の前田展明さんという方は、北九州市内にて宅配釜めし店を3店とカフェの経営に携わる現役の経営者ですが、以前は5027万円もの借金に苦しんでいました。あるとき集客方法を見なおしたところ、3年後年商は2872万円アップに。ドン底だった飲食店がわずか60日でお客さんを2倍にし、借金返済に至った誰にでもカンタンにできる7つ集客方法について詳しく語られています。

事業運営において集客は要ともいえるもの。飲食店経営をされる方は、ぜひ学んでみてください。きっと役に立つはずです。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ