【起業のアイデアが思いうかばない時に】スーパーマリオの開発者に学ぶアイデアの創り方





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



1985年9月13日、ファミリーコンピュータ向けに初代の『スーパーマリオブラザーズ』が発売されました。ファミコンの成功に切り離せないスーパーマリオが、開発者達の頭の中でどのように具現化されていったのかが、「スーパーマリオ25周年」で詳細に語られています。

スーパーマリオの企画書

アイデアを思いつくには、どうすればいいのか?

スーパーマリオを開発した宮本茂さんは、インタビューを受ける中でさまざまな人から、「アイデアをどこで思いつくか?」という質問を受け返答に困り、どう答えればいいか糸井さんに相談したそうです。

その時糸井さんは、「とくに決まった場所はないです」と答えた後、次のように話しました。

(アイデアを思いつくには)場所よりも、自分がアイデアを思いつく状態になってるかどうか
というのがポイントなんです。
(糸井重里・宮本茂)

アイデアというのは、自分の状態であると言っています。

「アイデアを思いつくには紙と鉛筆があればいい」の裏側にある本質

ただ、自分がアイデアを思いつく状態になってるかどうか、と言うと、すごく回りくどい答え方になってしまうので、

結局、「紙があるといいですね」って言えばいい。「ペンがあるともっといいです」って。
(糸井重里・宮本茂)

と表現を変え、最終的には

紙と鉛筆があるといいです
(糸井重里・宮本茂)

に変わっていきます。

「紙と鉛筆があるといいです」というアドバイスを聞いたとき、企画者や開発者の頭の中というのは、単に「紙と鉛筆を持てばいい」という表面的な意味を伝えているのではなく、「紙と鉛筆がある」ことで「自分がアイデアを思いつく状態」に近づけますよ、というメッセージが裏側には込められているのだと感じるインタビュー内容でした。

アイデアってなんなのだろう?

スーパーマリオの開発者である宮本茂さんは次のように言っています。

「アイデアというのは、複数の問題をいっぺんに解決することだ。」
(宮本茂)

アイデアとは、複数の問題をいっぺんに解決すること。ブレークスルーに近いのかもしれません。そして、そのアイデアを生み出す根本には何があるのかというと、

最近思ったのが、「問題意識」ということ。
やっぱり、アイデアというのは、問題とか障害とか、困ったこととセットになってると思うんです。
(宮本茂)

問題意識を共有できるかどうかが、アイデアに共感するかどうかを分けている。

たとえば、ぼくが5人ぐらいのメンバーと会議をしていて、ぼくが「これがいい」って思って言ったときに、2人ぐらいが「それで決まりですね」って言うけど、あとの3人は「ええー?」って言うんです。
なんでその3人の意見がいっつも合うかというと、ウマが合うから、という簡単な言い方もできるけど、やっぱり、問題意識が同じなんだろうなと。
(宮本茂)

アイデアは常に賛否が分かれますが、賛成されるのも、反対されるのも、その根本には問題意識の共有ができているかどうかというのが、1つのキーワードになっています。

問題のとらえ方がいっしょなので、「そこに答えがあるぞ!」ということが、すぐにわかるという。

だから、別の問題意識を持っている人とか、そもそも問題意識を持ってない人にとっては、なにがいいのかぜんぜんわからないということになる。
(宮本茂)

まとめ

  • アイデアを生み出すもとは、『自分が何を問題だと感じているか?』という問題意識
  • アイデアが共感を生むかどうかは、相手と問題意識が共有できているかどうかの違い。
  • アイデアというのは常に、『問題とか障害とか、困ったこととセット』になっている。

アイデアを生み出したいなら、困らないとダメですね。

問題を見つけやすくするには、この本がオススメです。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

One Response to “【起業のアイデアが思いうかばない時に】スーパーマリオの開発者に学ぶアイデアの創り方”

  1. […] スーパーマリオの開発者に学ぶアイデアの創り方 […]

コメントを残す

このページの先頭へ