IT起業やネットビジネスで儲けるために、絶対に守らなければいけないビジネスモデルの条件





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



業界や業種、分野、時代によらず、新しいビジネスをやるのであれば必ず守らなければいけない黄金律と呼ばれるものがあります。いわば、ビジネスゲームのルールです。

それは、「きちんと利益が出るビジネスモデルを構築する」こと。

実は「利益が出るビジネス」にするためには、2つの条件があります。
この2つの条件があてはまらない限り、絶対にそのビジネスモデルで起業してはいけません。なぜなら、この2つの条件を満たさなければ、いつまで経っても、どれだけ頑張っても、決して利益が出ない事が始める前からわかっているからです。

儲かるビジネスモデルの2つの条件

儲かる健全なビジネスモデルというのは、下記の2つの条件を満たしています。

【基本条件1】顧客の生涯価値 ≧ 顧客獲得コスト

顧客の生涯価値は顧客獲得コストと等しいか、それを上回ってなければならない。

【基本条件2】短期間(できれば3ヶ月以内)にもたらされる顧客価値 > 顧客獲得コスト

3ヶ月以内にもたらされる顧客価値が、顧客獲得コストを上回っていなければならない。

という事です。この2つの公式が満たされない限り、そのビジネスはいつまで経っても軌道に乗りません。

失敗しているビジネスというのは、顧客獲得コストの認識が甘いことが原因である場合も多いのです。顧客獲得コストを意識しないと、自分のビジネスが今どういう状態なのか認識できません。

起業や新規事業をする時は、「顧客獲得コストを必ずチェック」する。

参考資料

詳しく知りたい方は、神田昌典、60分間企業ダントツ化プロジェクト、ダイヤモンド社、2002、p210-212 をご覧下さい。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

2 Responses to “IT起業やネットビジネスで儲けるために、絶対に守らなければいけないビジネスモデルの条件”

  1. […] (収益構造は、 起業するなら絶対に守らなければいけないビジネスモデルの2つの条件 を参考に。) […]

  2. […] スモデルでは燃費ありきで設計するのは非常に困難です。起業するなら絶対に守らなければいけないビジネスモデルの2つの条件にあるように、きちんと利益の出る収益構造になっている […]

コメントを残す

このページの先頭へ