3億円のバイオリンを持つ世界一のバイオリニストの時給はいくらか?





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



Facebookで見つけた記事ですが、IT起業に興味があるなら、大変興味深い洞察が得られるのでご紹介します。

「3億円のバイオリンを持つ世界一のバイオリニスト」の話

以下、引用です。

ある寒い1月の朝、一人の男がワシントンD.C.の駅で座りながらバイオリンを弾き始めました。彼はバッハの曲を1時間程演奏しました。その時間帯は通勤ラッシュだったため、約1100人がその男の前を通りました。

3分後、ある中年の男はバイオリンを弾いている人がいると気づき、足を止めました。しかし、結局止まったのはほんの僅かな時間で、数秒後にはその場を離れました。

1分後、バイオリニストはやっとお金を稼ぐことができました。ある女性がケースに1ドル札を投げ入れましたが、彼女は止まることなく歩き続けました。

少しした後、壁に寄りかかって彼の音楽を聴く者が現れましたが、腕時計を見るとすぐに歩き始めました。会社に遅刻しそうだったのです。

一番彼の音楽が気になったのは、3歳の男の子でした。彼のお母さんは急いでいて、男の子の腕を強く引っ張りました。それでも男の子はバイオリニストを聞こうと足を止めます。

お母さんは男の子の背中を強く押し、無理やり歩かせました。それでも男の子はずっと後ろのバイオリニストを見ながら去って行きました。他の子供も同様でしたが、親は全員例外なく止まることなくその場を去りました。

彼が演奏した一時間内で、足を止めて彼のバイオリンを聞いたのはたった6人でした。お金を入れてくれたのは20人程でしたが、止まった人は誰もいませんでした。稼いだお金はたったの32ドル。彼が演奏をやめ、駅が沈黙に包まれた時、気付いた人は誰一人いません。拍手はなく、このバイオリニストを認める人はいなかったのです。

バイオリニストの名前はジョシュア・ベル。彼は世界で最も才能のあるミュージシャンの一人です。彼はたった今、歴史に残る傑作を演奏したのです。それも3億円のバイオリンを使って。

彼の駅での演奏の二日前、彼のボストンでのコンサートのチケットは、一枚一万円するものの全て売り切れました。

これは実際にあった話です。ジョシュア・ベルが素性を明かさず行ったこの演奏は、人々の視覚・嗜好・優先順位を研究するための実験としてワシントン・ポスト紙によって行われました。

私たちは本当に「美しさ」を理解しているのだろうか?それをちゃんと足を止めて味わっているのだろうか?予想していない状況でも、才能を感じ取ることはできるのだろうか?

一つ結論として言えるのは、

もし私達は世界で最も才能のあるミュージシャンが、歴史上一番の傑作を演奏してさえ気付かないのであれば、私達は他にもきっと多くの「美しいもの」を見過ごしているのではないか?

3億円のバイオリンを持つバイオリニスト。

実は、3億円のバイオリンを持つ世界トップレベルのバイオリニスト。

タイトルの答えは、32ドルです。たった、32ドル。3億円もするバイオリンを持ち、才能に溢れ、長い年月をかけて技術を習得した世界トップレベルのプレイヤーにも関わらず。

この話から、私達が学べるものは何でしょうか?

それは価値に関することです。「価値とは、提供している側が決めるものではなく、受けとる側が決めるもの」だと言うことです。

それがどんなに素晴らしいもの、素晴らしい商品であったとしても、受け取る人に伝わらなければ、その価値は0に等しい。」ということ。

逆に言えば、「自分がどんなにゴミだと思っていても、受け取る人がこれは素晴らしいものだ、と思えば価値が生まれる。」ということでもあります。これを「知覚価値」と言います。

自分が信じたものの価値を、より多くの人に伝えるのがビジネスの本質であり、IT技術を使って個々人が価値のあるものを簡単に交換できることが、IT起業の本質であると管理人は思います。

IT起業を考える際には、こういうこともあるということを踏まえて考えてみて下さい。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ