「資本金15万円で設立されたグノシーは僕の夢」成長を支えたエンジェルが吐露したホンネ





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



ニュースキュレーションアプリの先駆け「Gunosy(グノシー)」が3月24日にマザーズに上場承認され、2015年4月28日に上場となります。2012年11月に会社設立をし、わずか2年半でのスピード上場。その成長を支えた個人投資家・元グノシー共同代表でもある木村新司氏が語ったことが印象的でしたので、ご紹介します。

Communication

個人投資家・元グノシー共同代表、木村新司氏が語ったこと

色々ひどい書かれようしてますがね、グノシーは僕の夢なんです。

支えるために、4億円財布から出て行ってるのは、正直言って辛かったです。他のスタートアップにも繋ぎ融資してあげていたりしたし、gumiにも2億円出資したりしていて、結構辛かった。

もちろん家族には秘密だったし。。

資産の半分ぐらいグノシーに突っ込んでました。
実際手元資金ギリギリまでベンチャーに資金提供してきました。

けれども、明日のメガベンチャー作るには、こういう事をしないとできないという確信をもってます。
そういう意味では、僕はメガベンチャーを作りたいという、理想をグノシーに見いだしたんだと思います。

スタートした3名がいて、そこに可能性を感じた仲間が集まって、作り上げたのが今のグノシーなんだと思います。

あんまり、馬鹿、クソ言うなよな。
みんな理想をもってやってんだから。

  • https://www.facebook.com/kimura.shinji/posts/10205392803432448

これは、「グノシー上場」徹底分析! 予想PERは異次元の5241倍、適正な株式流動性、個人投資家の大きな関与が効いた稀有なケースに関して、自身のFacebookで語っていることです。

有価証券届出書によると、グノシーは2012年11月14日に資本金15万円で設立され、個人投資家(エンジェル)、ベンチャーキャピタル、事業会社からの6回の増資を経て、現在の状態に至っていることがわかります。

スタートアップの成長ステージに応じて、それぞれのプレイヤーが役割を果たし成長を次に繋げる。それはまるでリレーのバトンのようですが、プロダクトやユーザーはもちろんのこと、着実にこの受け渡しがされたことはグノシーが短期間で急成長できた源泉であると言えるでしょう。

そして、この成長の受け渡しを生み出すためには『プロダクト、ユーザー、チーム、投資家』どれ一つ欠けても実現はできず、様々な人達の協力関係が連鎖した結果であることがみてとれます。

一部の『個人投資家(エンジェル)の存在が、次の成長を生み出している』のは間違いない事実で、可能性を信じリスクテイクをしたエンジェルが語る「グノシーは僕の夢なんです」という一言には、重要な示唆が感じ取れます。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ