【簡単!】GoogleAppsのGmailから他のGmailアカウントにメールデータを移行する方法





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. わずか半年で5倍になったビットコイン。3分で始められ簡単にビットコインを購入するには?
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



複数のGmailを使っていると「他のGmailアカウントにメールデータをすべて移行したい」というときがあります。そんなときに使えるGmailメールデータの簡単移行方法について解説します。

Gmail

Gmailから他のGmailアカウントにメールデータを移行する方法

大きくわけると、2つの手順が必要になります。

  • 旧メールアドレスで、POPを有効化する
  • 新メールアドレスで、メールデータを取り込む設定をする
  • (必要に応じて)旧メールアドレスの2段階認証をオフにする

手順

1. 旧メールアドレスで、POPを有効化する

はじめに、旧メールアドレス(移行したいメールデータが含まれているアドレス)で、POPダウンロードの設定をします。

  • Gmail にログインします。
  • 右上の歯車のアイコンをクリックし、「設定」をクリックします。
  • 「メール転送と POP/IMAP」をクリックします。
  • 「すべてのメールで POP を有効にする」をオンにし、「変更を保存」ボタンをクリックします。
Gmail POP有効化

上記の手順を実行し、「ステータス: POP が有効」と表示されていれば、第一段階は完了です。

2. 新メールアドレスで、メールデータを取り込む設定をする

第2段階では、新しいメールアドレスに旧メールアドレスの受信メールをすべて取り込みます。

  • 新しいGメールアカウントにログインします。
  • 右上にあるギアマークをクリックし、設定をクリックします。
  • 設定画面が表示されるので、「アカウント」をクリックします。
  • 「POP3 を使用して他のアカウントのメッセージを確認」という項目があるので、「自分のPOP3メールアカウントを追加」リンクをクリックします。
  • すると、「メールを取得するアカウントのメールアドレスを入力」という画面が出てくるので、旧メールアドレスを入力し、「次のステップ」ボタンをクリックします。
Gmail 自分のメールアドレスを追加
  • 「自分のメールアカウントを追加」画面が表示されますので、次の情報を入力します。
Gmail POP取込設定

POPサーバー名: pop.gmail.com
POPポート番号: 995
POPユーザー名: 旧Gメールアドレスをそのまま入れる(old@gmail.com など)
POPパスワード: 旧Gメールアドレスのパスワード
POPのSSL接続: チェックを入れる

  • その後、メール送信に関する設定が表示されます。これは「いいえ」を選択し、「完了」ボタンをクリックします。

移行の設定が正常に完了すると、このようになります

メール移行の設定が正常に完了すると、新メールアドレスのPOP3を使用して他のアカウントのメッセージを確認部分に、旧メールアドレスが表示され、メールの確認中になります。

Gmail POP設定完了 取り込み中

このまましばらくすると、メールを取得しましたと表示され、新メールアドレスの受信トレイなどに旧メールアドレスの受信メールが表示されるようになります。

Gmail POP設定完了 取り込み完了

すべてのメールが反映されるまでには少し時間がかかりますので、これらの画面表示になっていることを確認したら、あとは待ちましょう。

設定は間違っていないのに、エラーが出るときは?

時々下記のようなエラーメッセージが表示され、メールデータの移行がうまくできないときがあります。

「指定のユーザー名とパスワードによるPOP3アクセスはサーバーで拒否されました」というエラーが出るときは

  • POPサーバー名、POPポート番号が995になっているか、POPユーザー名、
    POPパスワード、POPのSSL接続の設定が間違っていないか確認して下さい。
  • また、第1段階の旧メールアドレスでのPOPアクセスが有効になっているか確認して下さい。

「指定のユーザー名とパスワードによる POP3 アクセスはサーバーで拒否されました」というエラーが出るときは

Gmail POPエラー

指定のユーザー名とパスワードによる POP3 アクセスはサーバーで拒否されました。
サーバーから返されたエラー: “[AUTH] Application-specific password required: http://support.google.com/accounts/bin/answer.py?answer=185833”

POPサーバのアドレス、ポート番号、POPユーザー名、POPパスワードなど設定に間違いがないのに、このようなエラーメッセージが出てくるときは、二段階認証が原因の一つに考えられます。

旧メールアドレスで2段階認証を設定している場合は、POPによるメールデータの取り込みがうまくいきませんので、一時的に2段階認証をオフにしましょう。

から、Googleアカウントの2段階認証をオン・オフできます。

Gmailのメールアドレスは世界中で多くの人が使っています。仕事用やプライベート用などメールアドレスがたくさんあるときは、このような方法でメールを整理できますので、有効活用して下さい。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ