ポケモンGOプレイには、iPhoneバッテリーやデータ通信量制限が大きな問題に





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



ポケモンGOプレイ時に真っ先に起こる問題は、『モバイルバッテリーの消耗が激しい』ことと、『通信料制限』についてでしょう。

ポケモンGO

最優先は、ポケモンGO内蔵のバッテリーセーブ(省電力)モードを使うこと

ポケモンGOには、アプリ自体にバッテリーセーブモードが搭載されている。この機能をオンにすると、『スマホを下に向けた時、自動的に画面表示が消える』ため、ディスプレイ表示の電力分、バッテリーの消耗を抑えられます。

普段ポケモンを探すときは、このバッテリーセーブ(省電力)モード状態にしておくのが大前提。ポケモンを見つけたり、ポケストップやジムの近くに来ると、バイブレーションでちゃんと知らせてくれるので安心。

常にiPhoneのスクリーンを見ていると、バッテリー消耗が激しくなるので要注意。

スクリーンの輝度を下げてバッテリー消費を抑える

バッテリーセーブ(省電力)モードを使うと、ポケモンを探している最中のバッテリーは抑えられるが、実際のプレイ時にはどうしてもスマホを見る必要がある。

そのような時のバッテリー消費を抑えるために、『スクリーンの輝度(明るさ)もできる限り下げる』ことが重要。スクリーンの明るさは、『設定』⇒『画面表示と明るさ』⇒『明るさ』のスライダーで暗くすることができる。

スクリーンの明るさはかなりバッテリー消費に影響をあたえるので、明るさの自動調節をONにし、明るさ自体はなるべく暗い状態にしておくとバッテリーが長持ちする。

iPhoneの「低電力モード」を有効にする

iPhoneには、低電力モードというのがある。低電力モードを設定するには、『設定』⇒『バッテリー』⇒『低電力モード』をONにすればいい。

低電力モードをONにすることで、メールの取得やSiri、アプリのバックグラウンド更新や自動ダウンロード、CPU負荷の高い操作エフェクトなどが無効になり、バッテリーを長持ちさせることができる。

CPU負荷が高そうなAR機能をオフにする

ポケモンGOの大きな特徴である現実世界にポケモンがいるように魅せるのがAR機能。この機能はおそらくかなりバッテリーを消耗するものと思われる。

AR機能がなくてもスクリーンショットを撮ったり、通常のプレイはできるようなので、バッテリーの温存を優先するなら、AR機能はオフにしておいた方が良いです。

ポケモンGOのデータ通信量制限にも注意が必要

また、ゲームの特性上、常にGPSと通信し位置情報取得を行うので、バッテリーと同時にデータ通信も問題になるでしょう。一般的なスマホのデータ通信し放題プランだと7GB/月を超えると、制限モードや低速モードになるので、この部分にも注意をしたいところ。

モバイルルーターを使ったり、Wifiを使ったデータ通信を行うなどして、できる限り通信量を下げる工夫が必要ですね。海外の通信キャリアT-Mobileは、ポケモンGOのデータ通信料を1年間無料にするキャンペーンなども行い始めましたが、このようなアプリ特有のデータ定額プランが日本でも登場してくるかもしれません。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ