ブログ・メール・SNSの情報伝達。贈り手と受け手の間にあるもの





無料起業ネタ診断 あなたに適した起業アイデアを見つける

【はじめての方へ】当サイトでは、こんな記事がよく読まれています。

  1. いつまで?サラリーマンが何年経っても起業や独立ができない本当の理由
  2. 『ありがとう!』と感謝されながら自動的に売れ続けるビジネスを創る秘訣
  3. ネットビジネス起業・副業で稼ぐ秘訣。資金0円で今すぐ始める方法とは?
  4. Webやアプリ系エンジニアの起業は週3日で月50万稼ぎサービス開発に集中を
  5. ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ
  6. 【今なら無料】GoogleやYahooも学んだインターネットビジネスの生み出し方
  7. 『5年経っても起業できない』と検索する人へお伝えしたいこと
  8. プログラミングができない起業家が何百万もの起業資金を用意せずに数十万円で起業する方法



人体内部の情報伝達には、大きく2つの方法があります。一つは神経ネットワークによる信号伝達、もう一つはホルモンによる信号伝達です。

レター

あるとき、あなたはタンスの角に足の小指をぶつけました。

タンスから足の小指に加えられた力は、皮膚、皮下組織、圧痛点を通じて、小指の神経に電気信号が流れます。神経から発生した電気信号は脊髄を通り、あなたの脳に到達し、足の刺激を脳が痛みとして認識されます。

これが神経ネットワークによる情報伝達です。

情報伝達の流れは足の小指というスタートがあり、脳というゴールがあります。神経ネットワークは運動制御に関わるので非常に高速なのが特徴で、一度発生した電気信号は神経を通じ、高速に相手側に届けられます。

対して、人体には神経ネットワークによる情報制御の他に、ホルモンによる情報伝達というものがあります。セトロニンやドーパミン、アドレナリン、オキシトシンといったホルモンはヒトの場合、男性で60種類、女性で110種類程あると言われています。

ホルモンによる情報制御というのは神経とは異なり、どこか到達点となるゴールがあるわけではありません。血管中の血液を通じてホルモンは移動し、扁桃体、視床下部、甲状腺、臓器器官と体中いたるところにバラまかれます。

ホルモンを受け取った各器官は、受け取ったホルモン量のバランスによって自らの動きを変えます。交換神経を活発にするFT3ホルモンが多くなれば活動が促進され、副交感神経を活発にするFT4ホルモンが多ければ、もうちょっと落ち着きなさいよ、というメカニズムです。

これは、FT3とFT4のバランスによって制御されていて、どういう振る舞いをするかは情報の発信側ではなく、受け手側の状態によって変わってきます。

インターネットではメールは神経、SNSはホルモンの情報伝達と同じ

なぜこんな話を書いたかというと、情報伝達には2つの方法があるということをあなたに知って欲しかったからです。

上記の神経ネットワークにおける情報伝達というのは、インターネットではメールにあたるものです。相手を決めメールアドレスを入力し、メールの内容を迅速に届ける。これがメールの基本的な仕組みです。相手にメッセージはすぐに届きます。

そして、TwitterやFacebookなどのソーシャルネットワークでのメッセージ、ブログの記事などはホルモンによる情報伝達に似ています。誰か特定の相手がいるわけではないが、より多くの人に情報を届け、情報の内容そのものではなく、その情報の受け手によって、情報の価値が決められるという点です。

様々な情報を受け取った受け手は、その様々な情報の中で自らのバランスを取りながら意思決定をし、行動を行います。たった1つのホルモン(情報)によって、制御されるわけではありません。

どちらの仕組みもそれぞれ目的があり、全体の制御のために必要とされるものです。目的に応じて適切な情報発信媒体を選び、有効活用していきましょう。







この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。

コメントを残す

このページの先頭へ