「IT起業成功と失敗を分けたもの」の記事一覧(2 / 5ページ)

【お金持ちはケチのイメージを作り上げた】世界大恐慌を生き延びた世界一の大富豪に学ぶこと

ヘティ・グリーン

20世紀初頭世界大恐慌が起こった時代、ニューヨーク・ウォール街に「ウォール街の魔女」と呼ばれ恐れられた一人の女性がいました。金融業界ではその名を知らぬ者はいないほどの伝説的な人物、それが「ヘティ・グリーン」です。彼女を一・・・

【実績0スキル0でも】30歳男性派遣社員がクラウドソーシングをやってみてわかった依頼を受ける心構え

クラウドソーシング

今日、インターネットで仕事をして稼ぐための代表的な方法の一つとなった『クラウドソーシング』。自分の得意なことやスキルをサービスとして提供するので、在庫を持たず始められるのが大きな魅力ですが、そんなクラウドソーシングで仕事・・・

事業の成長はべき乗則に従うことがわかる見事な成長グラフ

私が行なっている事業の一つで、あまりにも見事なグラフがとれたのでご紹介したいと思います。

山の遭難と起業の共通点

山で遭難したときに助かるかどうかは、クライマーの状況判断や登山技術、経験も重要ですが最終的には『こっちの道(判断)で正しいんだと思えるか、信じられるかどうか』で決まるそうです。

はじめは無視され次に笑われ、それから争いになる。そして最後に君は勝つ?

今日は『変化のプロセス』に関するお話をしたいと思います。ビジネスやゼロから何かを産み出す起業においては、この『変化のプロセスを理解し、活用すること』はとんでもなく重要です。変化の差分を認知できることは目には見えないけれど・・・

倒産する会社でわかった「常識を常識と思い込んだ途端、思考停止に陥る」という怖さ

ダイヤモンド・オンラインに掲載されている「巨大銀行破綻で消えた元行員は今どこへ。34歳で破綻直前に退職決断、その後は転職人生へ」という記事が面白かったので、共有したいと思います。

【コンサルティング事例】東南アジアでのベンチャーコンサルティング起業について

IT起業コンサルティング

過去にコンサルティングでご相談頂いた質問内容が一定時間経過しましたので、一般公開をします。今回のご相談内容は、『東南アジアでのベンチャーコンサルティング起業について』ということでした。

お魚くわえたどら猫ではなく○○をくわえた子猫

面白い動画だったのでご紹介。この子猫、あるものをくわえています。魚じゃありません。

「資本金15万円で設立されたグノシーは僕の夢」成長を支えたエンジェルが吐露したホンネ

口コミ・レビュー

ニュースキュレーションアプリの先駆け「Gunosy(グノシー)」が3月24日にマザーズに上場承認され、2015年4月28日に上場となります。2012年11月に会社設立をし、わずか2年半でのスピード上場。その成長を支えた個・・・

ココナラを始めて1ヶ月でわかったココナラで実際に稼ぐためのコツ

ココナラ1ヶ月の結果

知識やスキルが売れるオンラインマーケット『ココナラ』を使い始めて約1ヶ月が経過しました。実際に自分で使ってみて、見えてきたことがあるので、軽くまとめてみようと思います。これからココナラを始める方の参考になれば幸いです。

このページの先頭へ